ミニマリストのび太の無印良品大好きブログ

30代会社員&副業ブログセミナーの講師。すべてを無印良品へ。ブログで在宅収入を得るサポートとミニマリストオフ会を定期的に開催。

【2020年最新】ミニマリスト&断捨離の本おすすめランキング19選(絶対保存版)

【2020年4月2日更新】

物を少なくしてから、読んだ本もあります。

物を減らすきっかけになった本もあります。

物が多い環境で、イライラしてしまったこともあります。

極端に物が増えるのがイヤすぎて、逆につらかった時期もあります。

 

ミニマリストの考えで素晴らしいなと思うのは、「不必要なものを削ぎ落として、必要なものにフォーカスする」という考え方。 

この「必要なことにフォーカス」をしてきたからこそ、会社員をしながらでも副業で会社員以上の収入が得られるミニマリストになれたのだと思います。

毎月10冊くらいの本を読むミニマリストのび太が、多大な影響を受けた「おすすめのミニマリスト本」を厳選して19冊を紹介します。

 

Amazonのオーディブル(朗読してくれるので本を聴ける)も使用しています。

本を聴こう!ミニマリストのオーディオブックおすすめ4選(Amazonオーディブル)

↑無料で30日体験やっています。

1冊本が無料でよめます。

返品機能を使うと5冊は無料で読めますね。

【1位】エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする グレッグ・マキューンさん

 「やることが多くて、なにから手をつけていいかわからなかった。」

やらないことを決めて、やることだけ残したいと思ったときに出会った本だ。 

この本は一貫して大事なことを見極めそれに集中しろ、ということを伝えている。

読んでいるうちに、自分が何がしたいか、というのがどんどんクリアになっていくのがわかった。

自分がたくさんの余計なものを背負いこんでいたことに気づいた。

あなたもいかに不要なもの、不要な情報に踊らされていたか、を気づかせてもらうためにも、この本を読むべきだ!

 

 「エッセンシャル思考」からビビっときた文章を引用します。 

もしもこれを持っていなかったら、今からお金を出して買うだろうか?

 

この考え方は、はっとさせられる。

「いや、買わないだろう……」というものが大半じゃないだろうか?

そう思うということは、お気に入りのものを持っていないということだ。

以下に

 

「もしもたったひとつのことしかできないとしたら、自分は今、何をやるのか?」

 

 「おれは明日死ぬかもしれないんだよなぁ。。。」とたまにふと思うことがある。

「じゃあ、いま何をする?」という問いがうまれる。

 

エッセンシャル思考では、「遊び」と「眠り」の大切さも、説いている。

わたしに足りていない部分だった。

 

エッセンシャル思考では、「いま本当に大切なことを残す方法」について述べている。

「今なにをすれば、一番の成果がだせるのか?」というのが、わたしも副業でも活かせたから成果をだせたのだ。

 

多くの瑣末のことを捨てて、本質を残すことを、静かな部屋でかんがえてみませんか?

「物の捨て方」については書いていないので注意。

 

漫画版もあります。お試し版は無料で読めます。

【3位】Think clearly 最新の学術研究から導いた、よりよい人生を送るための思考法

オリラジあっちゃんの動画を見て、Think clearlyという本を知りました。

この本、「思考のミニマリストになろうぜ!っていう本じゃね?」と思ってすぐに購入。

2020年2月10日に、1位にしました。

情報におぼれている今の自分に、必要な本でした。

Think clearlyには、ウォーレン・バフェットの話がよく出てくる。

ウォーレン・バフェットが決めているルールというのが、実に面白い。

決断疲れを防ぐルール。

それが、「値引き交渉を一切応じない」というルール。

詳しくはThink clearlyで読んでください。

 

オリラジあっちゃんも、Think clearlyを読んでから、以下のことをやめたという。

  • Twitter
  • インスタ
  • フェイスブック

ニュースも見ない。東京からもでない。

一点集中する。

ここまでの能力の人が一点集中したら、「そりゃ他はかなわないよ」と思いました。

 

ランチェスター戦略とか、弱者の戦略とか、とても好きなんです。

いかに今の雑魚(ザコ)な状態から、勝つ戦略を考えるのが好きなんですよね。

一生、弱者でいい。楽しいから。

ミニマリストの本に特化しているこの記事も、誰にも負けないように一点集中して書いているんです。

以下のキーワードにビビッときた人は「買い」です!

  1. 5秒で決断しろ!
  2. 取捨選択のルールを決めろ
  3. 情報の断捨離

 

【2位】【ROLAND朗読】俺か、俺以外か。ローランドという生き方(特典付)

ローランド様のこの動画を見たことはあるだろうか?

 見たことない方はみたほうがいい。

最高の1品を大切に使っているミニマリストだということ、この動画を見てはじめて知りました。

 

「俺か、俺以外か。ローランドという生き方」で、ミニマリストだなぁと感じる文章をピックアップしました。

バッグの中身がぐちゃぐちゃだと頭の中までごちゃごちゃしてくるし、コンセントの配線が見えただけで吐き気がする。

左右非対称な物がたまらなく嫌い。

自分でも、ちょっと病気なのではないか?と思うほどに几帳面だ。

 

ボトルを並べるなら等間隔で向きまで揃っていなければ気が済まないし、ハンガーの向きは全部同じでないと気持ち悪い。

生活感の象徴であるリモコンやティッシュなどは、見えないところに片づける。

 

部屋にまったく生活感がないのは、ホストとして職業も関係していることが本から分かる。

自分の言葉や立ち居振る舞いから極力、「生活感というものを削ぎ落とす」ということを意図的にやっている。

ホストとは、夢を魅せる仕事だ。

そんな立場の人間に生活感があったら、夢なんて魅せられるわけがない。.

 食べる姿も、テレビなどでは意図的に見せないようにしているという。

プロ意識が強い完璧主義の方ということを本のいたる所から感じます。

とてもストイックな方だということを知りました。

 

「無人島にもっていくもの」を聞かれたときに答えた、アイテムが面白い。

  • タキシード
  • サッカーボール

 

タキシードに対する、「さすがミニマリストだな」と感じる1文もありました。

タキシードは一着あれば世界中のどのレストランにも入ることができるし、どこに行っても恥をかくことがない最強の一着だ。

ローランド様は、最高の1着にこだわるのだろう。

 

こんな名言もあった。

多少古臭い考え方かもしれないが、「男がつける装飾品はシンプルな機械式時計だけだ」というのが俺の考え方。

「俺か、俺以外か。ローランドという生き方」

 

こちらにも、感想を詳しく書いています↓。  
www.muji-nobita.com

めっちゃ、ミニマリストだなぁと感じたローランド様の動画をまとめました。

アブラサス社長とアブラサス財布とのコラボ動画が熱い!

次の買う財布は、アブラサスとローランド様とのコラボ財布にしようかな。

ローランド様の動画を見まくった。

意外とお茶目な点もある、ギャップにやられてしまった(笑)

 

このミニマリスト思考はどうやって生まれたのか?」を知りたい方は、ぜひ「俺か、俺以外か。ローランドという生き方」を読んでいただきたい。

この本は、ローランド様本人が書いているんですよね。

ゴーストライターとかではない。

サイン会も、自分で2,000冊すべてサインを書いていた。

「自分の本当に伝えたいことを届けたい!」という気持ちを語っている動画はこちら。

 編集者とガチのケンカをして、自分が伝えたいことをそのまま届けたいという情熱が勝ったそうです。

Amazonのオーディブルの、「俺か、俺以外か。ローランドという生き方」では、ミニマリストのローランド様が本を朗読をしてくれる。

これも、自分の声で届けたいという完璧主義のプロ意識なのだろうなということを感じた。

食わず嫌いをしていたローランド様のことを知れて良かった。 

まだ読んでいないかたは、無料体験でよめるのだから読まない理由がない。

オーディブルが気に入らなければ、解約もかんたん。

解約方法などはこちらに書いています。

www.muji-nobita.com

 

 

【4位】シンプルに考える 森川亮さん

「圧倒的に読みやすい」

森川亮さんは、LINEを作った方です。

LINEってはじめは、必要な機能以外すべて削ぎ落としたアプリだった。

メッセージのやり取り以外、すべて削ぎ落としたんです。

だから流行ったんです。

 

お客様のためにならないことは、すべて削ぎ落とす。

これを徹底している方です。

常にお客様に耳を傾けている、ミニマリスト思考な方だ。

 

※断捨離のことについては、まったく触れていません。

ビジネスのミニマリストになりたいかたは必見。

「いまから副業で成果をだしたい!」「起業をしてみたい!」という方にぜひ読んでもらいたい本だ。

ビジネスの観点から、ミニマリストを考えるきっかけになる本です。

圧倒的に読みやすくて、楽しい。

 

Amazonのオーディブル(朗読してくれるので本を聴ける)も使用しています。

本を聴こう!ミニマリストのオーディオブックおすすめ3選(Amazonオーディブル)

↑30日無料体験やっているので、1冊本が無料でよめます。

返品作業で5冊無料!? 

 

【5位】人生がときめく片づけの魔法 近藤麻理恵さん

 

物を大量に捨てることができた本です 。

わたしがミニマリストになるきっかけになった本

捨てる作業を、ちまちまやるのではなく「祭りのように盛大にいっきにやる」と表現しています。

私も片付けを、祭りのように盛大にやったことを覚えています。

変化が分かりやすく目に見える形で起こった。

 

この本すげー」とつぶやいていました。

本当に即効性がある本。

こんまりさんのシリーズはほとんど読みましたが、この人生がときめく片づけの魔法が一番読みやすくて効果も抜群だと思います。


自分の部屋が好きになれること間違いなしですね。 

物の定位置(住所)を決めるということを学んだのもこの本ですね。

友達にあまりミニマリスト本とか薦めないのですが、この本は薦めました

とても気に入ってくれました。

 

この本も「買っては売って」を繰り返していている本ですね。

ものが多くて困っているという方には、「人生がときめく片づけの魔法」をまずおすすめしますね。

こんまりさんのこの本も、オーディブルの無料体験で聴けます↓↓

本を聴こう!ミニマリストのオーディオブックおすすめ3選(Amazonオーディブル)

 

 

【6位】次の時代を、先に生きる。 - まだ成長しなければ、ダメだと思っている君へ  髙坂 勝 (著)

 

髙坂 勝さんの本は、資本主義社会の矛盾についていつも考えさせられます。

前作よりも、食べ物のお話が多い。 

この本を読んでいると、もうちょっと、ゆっくり生きてもいいと思えてくる。

会社や、社会がイヤになって「田舎でゆっくりしたい……」と思ったときに読んでほしい本です。

 

髙坂 勝さんと一緒に農産物を作って、米などを自給自足したという方にお会いしたことがある。

自分で食べ物を作れるということは、おおきな自信になった。」ということをおっしゃっていました。

自分で作った食べ物は、やっぱりとても「おいしい」そうですよ!

 

「たまにはTSUKIでも眺めましょ」という飲食店を経営されていますが、このBarも閉店してしまうそうです。

ミニマリストオフ会で、場所をお借りしました。髙坂 勝さんともお会いできました。

ミニマリストオフ会をすると、髙坂勝さんの千葉県の匝瑳市で「お米を自分で収穫する」体験をされたかたにたくさんお会いした。

今後は、自給自足するミニマリストが増え、資本主義社会にどっぷりつかる人たちに、二分されていくながれにあると思う。

 

【7位】ぼくたちに、もうモノは必要ない。/佐々木典士さん

 


この本は、物がそんなに多くない時点で読んだ。

必要のない物が、いかに悪い影響を与えているか考えさせられる本

ものが多い人は、物を減らしたくなるはず。

 

この本を読んでさらに「これいらないかも?」と捨てたものもあります。

人は足るを知ることが大事という説明が、本田圭介選手やスティーブジョブズなどを用いて説明されている。

スティーブジョブズのはなしが面白い。

佐々木さんは、かなりジョブズ好きだと垣間見える(笑)

 

足るを知るができないと、無限に物が増えていく。

 

「慣れと飽き」について、引用させていただきます。

残念なのはそのジャケットを「初めて着るときの気持ち」は想像ができても、
「10回目に着るときの慣れた気持ち」も、
「1年後に着るときの飽きている気持ち」も、
ジャケットを持っていない現在からはどうしても想像ができないということだ。

 

買ったばかりのワンピースを初めて着るときは嬉しいだろう。

5回も着ると「慣れ」てしまい喜びは減る。

 

10回も着れば、ワンピースは新しいモノではなく、

「当たり前」にクローゼットにあるモノだ。50回も着れば、「飽き」てしまうかもしれない

 

この真実を思い出せば、新しいものに踊らされることがなくなる。

人は慣れてしまうのだ。

劣悪な環境であれ、最高な環境であれ慣れてしまう。

確かにそうだと思う出来事がある。

ボクは新築のような家を格安で借りることができた。

www.muji-nobita.com

どんなキレイな家であれ、感謝を忘れ、慣れきっている

最初は最高でも慣れる。

感謝を忘れ、慣れてしまう。

飽きるのだ。

どんな豪邸に住もうがすぐに慣れてしまう。

これは覚えておきたい真実だ。

 

Kindleのお試し版もあるので、まずはそちらから試してみてください。

お試し版でさえ、かなりのボリュームがある。

佐々木さんじゃない方のミニマリストな持ち物だったり、ミニマリスト部屋の紹介だったりのコーナーも好き。

 

Amazonのオーディブルで「ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ 」が聴けます。

ミニマリストのオーディオブックおすすめ4選

読み終わった後は、捨てるモチベーションがかなり上がる。

 

あと、佐々木さんの習慣の本の方がとても好き。 

何回も読んだ。「続けたい!習慣にしたい!」と思わせてくれる。

 

【8位】年収90万円で東京ハッピーライフ 大原扁理さん

 

 

年収90万円でも生きていけるんだよなぁと思うとなんか自信になります。

週に2回働く。

こういう生き方もあるんだなぁと、見識が広がります。

 

ゆったり、資本主義社会であくせくしない人生。

健康的な食事のことも書いてあって、本当に楽しめる。

 

 

↑ 大原扁理さんのこちらはデビュー作です。

 

2018-07-04発売の本もオススメ。

デビューのころよりも、達観されている感じがもっとでている。 「自分の生き方はこれでいい。でも、他人には自分の生き方を押し付けない。」 こんなスタンスが感じられる。

台湾で生活されていることも書かれている。

まだ「台湾での生活編」まで読めていない。

そこが一番の楽しみ。

会社員をやめて、在宅ワークでしたい人にもおすすめ!

わたしもブログサポート60で、ブログを使った稼ぎかたを教えています。

ブログサポート60

 

【9位】自由であり続けるために 20代で捨てるべき50のこと 四角大輔さん

 


ひとつひとつテーマが、短く読みやすいこの本が読みやすくて、一番繰り返して読んだ本かな。

好きなテーマから、読み進めることもできます。

 

好きな言葉を引用

捨てる基準はシンプルでいこう。 今、使っていないモノは捨てる。
モノが一つ増えると、自由を一つ失う。

 

捨てるのは物だけではありません。 

 

考え方を捨てる」ということも書いてあります。

〝世界一好きなこと〟を一つ決めて、そのことに時間を投資する。 あとは捨てる。

 

二頭追うものは一頭も得ず。

これって真実だとおもんですよね。

どっちも得られるみたいなこと書いてある本もあるけど。

トレードオフですよね。

これって、ランチェスター戦略、弱者の戦略と似ているんですよね。

成果のでることに一点集中する。

これって、自分の人生で本当に重要なこと1点にしぼって、他を切り捨てるということなんですよね。

ビジネスでも、この考え方って重要。

でも、人生で大切なことってわからない。

だから、書き出してみることが大切。

わたしは、1000の人生で大切なことを書き出してみている。

いま500で止まってしまっている。

ここから、絞り出すのが難しいらしい。

ここを絞り出すと、「本当にやりたいことが」ぼんやりと見えてくるという。

わたしも、「自分が人生で何を重要としているのか?」が見えてきた。

自分は、「知識と、とことん極めること」に重点を置いていることが、だんだんとわかってきた。

 

好きなこと、やりたいことはかたっぱしからやってみて、徐々に絞る。

そして最終的に一つにしぼる。

それが夢を叶えるコツ。

 

四角さんも、物が多い部屋から物を減らした。

そういうエピソードも書かれています。

 

自分の夢をかなえたいという方にも、読んでほしい本ですね。

四角さんは、「ニュージーランドに住みたい」という夢をかなえています。

 

四角さんは、自然が大好き。以下のような人にオススメ。

  • アウトドア好き 
  • 登山好き 
  • 軽量で最高なアイテムを持ちたい

 

【10位】貧乏入門 小池龍之介さん

 

この本は、一回手放して、また購入してを繰り返しています。

買って、売って、また読みたくなったら買っています。

それだけ、よみたくなる本なんですね。

そういう本って、やはり本物なのです。 

 

あまりミニマリスト本として紹介されてないけど、かなりのミニマリスト本ですね。

これがミニマリスト本じゃなかったら、なにがミニマリスト本なんだ?

小池さんは、かなりのミニマリスト。

 

というか、お坊さんって、みんなミニマリストじゃないのかなぁ?

物欲にまみれたお坊さんって・・・・・・。

徹底したミニマリストぶりを知ることができます。

 

物がノイズになる」ということを知ったのは、この本がきっかけでした。

捨てられないものは、ずっと頭に残るんです。

無意識にずっと。

 

少ない物を大切に使っている小池さんのお姿を見ていると、大事にものを使いたいと思わせてくれます。

瞑想的な本。

中古なら安いし、面白いですよ。

www.muji-nobita.com

 

【11位】無印良品とはじめるミニマリスト生活 やまぐちせいこさん

 

 

ほんっとに写真がキレイ!

無印良品のカタログを読んでいるような、生活感のない部屋。

「やまぐちさんの持っている無印良品をほぼ全部?」知れます。

 

写真が多いので、リラックスしながら見ることが出来る。

こんなミニマストな部屋に住みたいとあこがれた。

ボクの中で真似したい部屋 No1 ですね。

 

やまさんのミニマリストの部屋への工夫が読めます。

部屋のモノの色を統一するとかね!

部屋の色の使い方で、空間が「落ち着く環境」にだいぶ変わります。

 

無印良品のページはめっちゃ多いわけではありません。

無印良品以外にも、やまさんの持ち物を知ることができます。

現在は、引っ越しをされ、本に載っているお家には住んでいません。 

www.muji-nobita.com

  

【12位】もたない男 中崎タツヤさん

 

ジミヘンという漫画の著者さんの本です。

ストイックすぎて、ミニマリストの参考なるかわからないけど、読み物としてはかなり面白い!

圧倒的です。

だって、「ボールペンもインクがなくなるにつれて削って小さくする」っていうんですから(笑)

「えんぴつ」じゃないですよ、ボールペンです。

 

「おれミニマリストだと思ってたけど、ここまでは無理……」と思いたいかたはポチッと購入してください。

ミニマリスト挫折に要注意。

でも、ミニマリストオフ会では、このような生粋のミニマリストの方が多い。

男性に多いです。

「ものが病的に気になる。モノがノイズになる。ミニマリストという言葉が流行ってきて、これは別に特別なことじゃないんだ」と安心されたかたもいました。

 

【13位】2週間で人生を取り戻す! 勝間式汚部屋脱出プログラム

 

 

【2018年10月28日追記】

↑ 勝間さんの本。

勝間さんも以下のことを実践されています。

バッグを2つもたない

お風呂場の椅子は必要ない

かなりのミニマリスト。

勝間和代さんの本が好きです。

ほとんど読んでいます。

サイン会に行って、お会いしたこともあります。

ファンだからこそ、かなりのガジェットが好きで、モノに溢れているのが「勝間和代さん」ということを知っていました。

失礼ですが、「リバウンドしてしまうのではないか?」と正直おもっていました。

でも、リバウンドしていないんです。

「モノ」がなくなると、人生がかわるとおっしゃっています。

だから本も出されたのです。

 

「2週間で人生を取り戻す! 勝間式汚部屋脱出プログラム」でたびたびでてくる「収納破産」という言葉。

「この収納破産をいかに食い止めるか?」を書いています。

You Tubeでも、ミニマリスト生活がいかに人生を変えるか、もご説明してくださっています。

 

 

 

勝間和代さんの使っているという影響で、マザーハウスで背負えるビジネスカバンを購入しました。

以上です 。

 

【14位】宮本武蔵 吉川英治さん

ミニマリストならざる負えない時代背景。

でも、宮本武蔵はかなりのミニマリストだった。

基本的に剣と服くらいしか持っていない……。

ミニマリストという観点では、読み物として微妙だからランキングは低い。

でもミニマリスト観点を外すと1位です。

圧倒的に面白いから。

本で読むと内容が難しく感じるけど、オーディブルで聴くと読みやすいんですよね。

めっちゃ好きだな。

 

【15位】「手ぶらで生きる」ミニマリストしぶさん

電化製品で時間短縮する考え方など学ばせていただきました。

わたしは持っていない、ドラム式洗濯乾燥機で時間短縮されているというのは目からウロコでした。

これはほしい。

徹底したミニマリストなしぶさん。

ぶれないから、かっこいいですよね。

 

【16位】「サバイバル」 さいとう・たかをさん

この本は面白い。

漫画では1、2位を争うほど好き。

ギャンブル漫画、カイジも大好き。

ミニマリスト本にねじ込んだが、無理矢理感がある。

好きすぎて、ミニマリスト本とカウントさせていただいた。

 

「大地震によって、日本壊滅!無人島のような環境で1人で生き抜かねばならない」というストーリー。

この極限状態ときに必要なものは、多くない。

「現代人が、いかに物をもっていたか」を思い知らされる。

そのような現代人への、さいとうたかを氏のアンチテーゼのメッセージなのだ。

主人公のサトルは、モノがない環境のなかでどうやって「道具」を手に入れて、どうやって「モノ」をまさしく「モノ」として活用していくかをぜひ見てほしい。

 

想像しただけで面白そうじゃないでしょうか?

これは読んでおこうよ。マジで。

絶対に損はさせない。

いま、Amazonプライムに加入していれば、3巻まで無料で読めてしまうんですね。読まない理由がない。

 

さいとう・たかを氏が書いていない新しいバージョンの漫画が発売されています。

でも、やっぱり原作で読んでほしい。

 

 

【17位】深夜特急 沢木耕太郎さん

特にミニマリストではないのですが、わたしが好きすぎて「ミニマリスト本」にカウントした。

でも、

旅=ミニマル

なんですよね。 

旅とミニマリストは切り離せない。

ミニマリストオフ会で知り合った、ずっと旅をされている女性が本当に大切な「モノ」はコップストールということだった。

アフリカに旅をされていた男性のかたも、アフガンストールが大切だったということを言っていた。

本当に役に立つものは、旅に出るとわかってくることが多い。

旅に出ることによって、「モノ」が厳選されるのだ。

 

深夜特急は、モノにフォーカスして読んでみると面白いかも。

というか、圧倒的に面白いぜ!

この本は。

友達や家族に紹介したけど、一様に「面白い!」という感想をいただいた。

大沢たかおさんが主演している、「深夜特急」のDVDは5回以上は見た。

 

この本がきっかけで、香港へ一緒に旅した友人もいた。

この本が好きすぎて、この本がきっかけでアジアへ旅しまくった。

インドまで行ってしまった。

ベトナムでは、カジノ詐欺に合いそうになったし。

 

【18位】minimalism 〜30歳からはじめるミニマル・ライフ(ジョシュア・フィールズ・ミルバーン ・ライアン・ニコデマス )

ミニマリストの先駆者。

ミニマリストの火付け役と言っていい。

外国の本って読みにくいのが多いが、この本は読みやすかった。

 

日本のミニマリスト本には書かれていないことが、多く書かれていて新鮮だった。

大原扁理さんのように、もう少しゆっくり行きたいという方におすすめ。

だってアメリカンドリームを捨てて、ミニマリストになった著者のお話だからだ。

アメリカのミニマリストについて知りたいかたは、ぜひ!

ジョシュア・フィールズの映画は、Netflixで見ることができる。

まだ見ていない。

これは絶対に見たい、と思っている。

ミニマリストに1番人気がある映画『365日のシンプルライフ』は「U-NEXT(ユーネクスト)」無料体験で見ることができる。

 

【19位】1週間で8割捨てる技術 筆子さん 

 

筆子さんの本は、Amazonの朗読サービス「オーディブル」の無料30日体験で聴けます。

Kindle Unlimitedの無料体験でも読めます。

筆子さんの本には、超具体的な捨てる方法が書かれています。

筆子さんの影響で、カレン・キングストンさんの『新 ガラクタ捨てれば自分が見える』を購入しました。

筆子さんの「1週間で8割捨てる技術」の感想はこちらです。

www.muji-nobita.com

 

ちなみに、本は読んでいません。朗読してもらって、聴いています。

キンドル(Kindle)音声読み上げアプリ(音読朗読)が秀逸【Androidアンドロイドやり方】

画期的!電子書籍Kindleを朗読で聴く2つの方法とメリットデメリット