読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマリストのび太の無印良品大好きブログ

「ミニマリズム」「無印良品」「低コストの生活」を、『楽しく』『分かりやすく』をモットーにするブログ

スポンサーリンク


Audible オーディブル(Amazonアマゾン)を使い倒した私があなたの疑問に答えます。

お金 節約 お得 コツ

 f:id:wakuwakusetuyaku:20160116212459j:image

AmazonのAudibleオーディブルが、かなりオススメなので、

  • 登録方法
  • 無料体験のちょっとした裏ワザ
  • 使い方
  • オススメ本

など、お伝えさせて下さい!

 

そもそもオーディブル(Audible)って何?

簡単に言うと、 本を買って、スマホで聞く。

読むのではなく、聞く!!

読まないで、聞くスタイルです。

読むより断然ラクです。

むしろ、読むことはできません。

聞くのみです。

 

いくらかかるの?

毎月1500円かかります。

AMAZONに登録してあるクレジットカードから毎月ひかれます。

 

Audible一か月無料をやっています。

アマゾンプライム会員だと3カ月無料になります

 

Audibleを4か月無料にする裏ワザあります。

裏でもないですが・・・

(アマゾンプライム会員無料体験に申し込んでから、Audibleの3か月無料体験を申し込めば3カ月無料で体験することができます。

 

もっと言えば、Audibleの1カ月無料体験が切れる直前に、アマゾンプライム会員無料体験に申し込んでから、Audibleの3か月無料体験を申し込めば実質4カ月無料でAudible活用できます。

 

3か月無料体験の申し込みはAMAZONのAudibleカスタマーサービスへ電話してください)

 

※もちろんアマゾンプライム会員も一ヶ月以内に解約しても、オーディブル3ヶ月無料は引き継がれます。

アマゾンプライム会員無料体験を応募して、すぐに解約の手続きをしてしまうのも手です。

 

どうやって登録して使うの?

簡単にいうと、

①パソコンなどからオーディブルのサイトにいきます。

②個人情報、クレジットなどの登録をする。

③オーディブル使用の契約をする。

④スマホにアプリをインストールする。

⑤そして、好きなオーディブル本をさがして、ライブラリーに追加する。

⑥スマホに本が追加される。

⑦ライブラリーから、その本の朗読を聞く。

 

そんな感じです。

 

Audible本の種類って多いの?

多くありません。

しかし、ジャンルは多岐にわたっています。

文学、自己啓発、ヒーリング、落語、、、。

 

今後の利用者数によって、本の数も増えていくとは思います。

利用者が多くなればAMAZONも力をいれるでしょうし、本の数も多くなると思います。

Audibleお勧めの本も本記事の最後のほうで紹介しています。

 

 

 解約しても、スマホにダウンロードしたものは聞けるの??

聞けません。

解約したことはありませんが、Audibleに電話して聞きました。

 

ストリーミングで聞くの?ダウンロードして聞くの?

ダウンロードして聞きます。

ダウンロードしてしまえば、ネット環境なしで聞くことができます。 

 

そもそもなんで本を聞くの?

読むのがダルいからです(笑)

ていうのは冗談でオーディブルは~しながら読むというのに適しています。

 

家事をしながら、本を聞く。

運転しながら本を聞く。

寝ながら本を聞く。

満員電車に乗りながら、本を聞く。

 

Audibleは「ながら」読みに最適なのです。

だから、自分にぴったりなのです。

 

聞くスタイルにしてから、本を読むことがめっきり減りました。

運転しながら、ラジオ聞くなら、オーディブル聞きます。 

 

どんなところが良いところなの?

わたしが感じた良いところを箇条書きでお伝えしましょう。

 

 

①電話かかってきたときに、ラインのメッセージが入った時、勝手に朗読を停止してくれる。そして着信が終わるとすぐに朗読を再開してくれる。
②イヤホンジャックが抜けてしまったとき、勝手に読書を停止してくれる。
③30秒早送りボタンが便利。
④本と違い、スマホだから、聞きたいときに気軽に聞ける。
⑤本が無料だから、聞き流すのにちょうどいい。
本が無料だから、「試しに読んでみる」をいくらでもできる。
本が無料だから、とりあえず、気になったものはライブラリーに追加しまくれる。
⑧歩きながら本が聞ける。
⑨自動車を運転しながら本が聞ける
⑩ロック画面から簡易的なAudibleの操作ができる
⑪スマホで目が疲れたら、目を休めながら、オーディブルで本を朗読してもらえる。

⑫読んでくれる朗読者がプロだから、べらぼうに聞きやすい

 

 

デメリットはありますか?

①本が取り放題だから、本から吸収しようという意欲が薄くなる。
②本当に好きな本が少ないから、飽きてしまう。
③朗読者によって声の大きさが違う
④あまり使わない人には毎月1500円は高いと感じるかもしれない。
⑤本の数が少ない

 

スリープ機能とかあるの?

あります。

私は寝る前に60分で設定することが多いです。

 

f:id:wakuwakusetuyaku:20160111154301j:image

 

倍速読みはありますか?

安心してください。ありますよ!

「0.5×」は遅く読んでくれます。
f:id:wakuwakusetuyaku:20160111154333j:image

2倍速はかなり早く感じます。

私は気分によって、速さを変えています。

 

 

オーディブル1カ月無料なの?

 無料です。

まるまる一カ月無料です。

25日に契約しても、25日から、まるまる一か月無料です。

25日から31日まで無料とかではありません。

 

AMAZONプライム加入していると3か月無料なの?

アマゾンプライム会員無料体験に申し込んでから、Audibleの3か月無料体験を申し込めば3カ月無料で体験することができます。

 

もっと言えば、Audibleの1カ月無料体験が切れる直前に、アマゾンプライム会員無料体験に申し込んでから、Audibleの3か月無料体験を申し込めば実質4カ月無料でAudible活用できます。

 

3か月無料体験の申し込みはAMAZONのAudibleカスタマーサービスへ電話してください

 

 ※もちろんアマゾンプライム会員も一ヶ月以内に解約しても、オーディブル3ヶ月無料は引き継がれます。

アマゾンプライム会員無料体験を応募して、すぐに解約の手続きをしてしまうのも手です。

 

 

音声は棒読みなの?

いいえ。

本当に感情をこめて読んでくれます。

だから、心に響きます。だから、わかりやすい。

 

 おすすめの本ってありますか?

私は宮本武蔵にはまりました。

はまって漫画のバカボンドをヤフオクで全巻大人買いしました。

 これだけは絶対に読んで欲しい。

聞いてほしい。

 

吉川英治さんの本は読むと難解です

むずかしく感じます。

 

しかし、朗読してくれると「すうっと」こころに入ってくる

朗読してくれると、読みやすいのですね。

吉川さんの文章のうまさに脱帽してきます

 

 ただ2016年1月16日現在、まだ6巻までしかでていません。

まいつき15日前後に、刊行されているようです。

読みも大人、子供、老人など読み方を変えているため、とてもわかりやすい。

 

マジでおもしろい。

めっちゃかんげきぃぃぃ!

 

操作方法って??

f:id:wakuwakusetuyaku:20160111153549j:image

真ん中の三角が再生ボタン

30秒巻き戻し、早送り。

 

左上の「三」マークを押すと、各章へ移動できます。

もちろん聞きながら、ブログを読んだり、ネットサーフィンできる。

 

30秒巻き戻し、早送りはよく使いますね。

右上の〔+〕マークを押すとブックマーク機能があるみたいですが、私は使っていません。

すみません。

 

他お勧本め

ちきりん
f:id:wakuwakusetuyaku:20160116205021j:image

斉藤ひとり
f:id:wakuwakusetuyaku:20160116205043j:image

 

石田淳
f:id:wakuwakusetuyaku:20160116205057j:image

心屋仁之助
f:id:wakuwakusetuyaku:20160116205122j:image

 

下記にわたしのライブラリーを画像で貼っておきます。 

f:id:wakuwakusetuyaku:20160111153635j:image

 


f:id:wakuwakusetuyaku:20160111153656j:image


f:id:wakuwakusetuyaku:20160111153617j:image


f:id:wakuwakusetuyaku:20160111153601j:image

以上です。ぜひ使ってみてください。

 

www.muji-nobita.com

www.muji-nobita.com

www.muji-nobita.com

www.muji-nobita.com

 

イイネと思ったらポチしてください(*^^*)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ
にほんブログ村