ミニマリストのび太の無印良品大好きブログ

30代会社員&副業ブログセミナーの講師。すべてを無印良品へ。ブログで在宅収入を得るサポートとミニマリストオフ会を定期的に開催。

3,300円縛りなしWi-Fiデメリットと真実!速度遅いの?WiMAXの口コミ評判

※2019-03-19更新

絶対に知っておきたいデメリットという文字

個人契約ができる民泊Wi-Fi4社のなかでも、3,300円の縛りなしWi-Fiがおすすめです。

なぜなら、民泊Wi-Fi4社を比較して、3,300円縛りなしWi-Fiが1年の総費用が1番安いからです。

でも、誰も言わない噂(縛りなしは嘘なの!?)など、デメリットがあります。 

 

3,300円「縛りなしWi-Fi」のデメリット 

3,300円「縛りなしWi-Fi」は、6つのデメリットがあります。

でも、このデメリットをクリアできれば、神のようなサービスです。

以下のデメリットを掘り下げて説明をしていきます。

【デメリット1】保証費が高い

【デメリット2】端末が選べない

【デメリット3】ヘビーユーザーは3日10GBだと足りない

【デメリット4】口座振替に対応していない

【デメリット5】返却の費用がかかる

【デメリット6】本当は縛りがあった!?

 

【デメリット1】保証費が高い

石黒敬太の自画像

3,300円縛りなしWi-Fiは、紛失、故障したときの保証費用が39,800円と高いのがデメリットなんですよ……。

 

月額500円の保証をつけると、10,800円になります。)

わたしは、「まぁ、紛失することはないかなぁ」と考えて3,300円縛りなしWi-Fiを契約しました。

個人利用で家で主に使う方は、保証は必要ありません。

民泊レンタルWi-Fiとfamifiは、月額の保証費用を払っていれば紛失しても無償になります。

縛りなしWi-FiSPACE Wi-Fiは、月額500円の保証に入っていても10,800円かかるというデメリットがあります。

民泊Wi-Fi4社の保証費用表

民泊Wi-Fi4社の保証費用表

 

【デメリット2】端末が選べない

3,300円縛りなしWi-Fiは、送られてくる端末が選べないのがデメリットです。

以下の5つの端末のどれかが送られてきます。

 

WiMAX(NEXT04 & WX05)

f:id:wakuwakusetuyaku:20190203102937p:plain

 

ソフトバンク(502HW & 603HW)

f:id:wakuwakusetuyaku:20190203103531p:plain

 

ソフトバンク回線(FS030W)

f:id:wakuwakusetuyaku:20190206073425j:plain

FS030W

石黒敬太の自画像

FS030W(ソフトバンク回線)は、新品が送られてきました。

 

「縛りなしWi-Fi」は、2019年にサービスを開始した会社です。

早いうちに申込みをすると「新品」が届く可能性が高いです。

 

速度もとても速いです。遅いとは感じませんでした。

You Tubeもサクサク見れました。

 

わたしは、地下鉄などで電波が入りにくいWiMAXよりも、どこでも電波が入るソフトバンク回線の端末のほうがいいです。

(WiMAXはソフトバンク回線に比べ、You Tubeに動画を投稿(アップロード)するときに速度が遅いです。)

FS030Wの評判をみても、「混んでいる時間帯でも速度が速い」という口コミがありましたよ。

FS030Wの速度は、動画をアップロードしたりするときは、若干速度が遅いかなぁという感じはしました。

 

【デメリット3】ヘビーユーザーは3日10GBだと足りない

動画をたくさんみるヘビーユーザーは、速度制限がかかる可能性があります。

You Tubeの標準画質で、「3GB=9時間~12時間」見ることができます。

毎日10時間、You Tubeを見る方は、速度の通信制限がかかることは覚えておきましょう。

 

縛りなしWi-Fiで借りられる「WiMAX」と「ソフトバンク」の速度の通信制限と解除について

WiMAXとソフトバンクの制限についての表

WiMAXは、翌日の混雑時に速度制限がかかります。

ソフトバンクは毎日リセットされます。

 

【デメリット4】口座振替に対応していない

3,300円縛りなしWi-Fiは、クレジットカードでしか支払いができません。

クレジットカードを持っていない方にはデメリットですね。

口座振替に対応している民泊Wi-Fiは、SPACE Wi-Fiのみです。

(SPACE Wi-Fiの口座振替は、免許証の写真をメールで添付する必要があります。口座振替の場合、初回は銀行振込にになります。)

 

クレジットカードの支払いであれば、免許証の提示など必要ないので簡単です。

民泊Wi-Fiの比較の記事もご覧ください。

>> 口座振替ができるSPACE Wi-Fiのみ

 

 

【デメリット5】返却の費用がかかる

3,300円縛りなしWi-Fiは、端末をレンタルします。

解約後に端末を返却しなければならないのがデメリットです。

返送費用が360円かかります。

レターパックライトをコンビニで購入して、郵便ポストに投函をして返却しましょう。

【ポイント】
※レンタルだから「縛りもなく」「月額費用」が抑えられているというメリットがあります。

 

【デメリット6】本当は縛りがあった!?最低2ヶ月の使用になる

他のサイトではあまり言っていないデメリットが、最低2ヶ月は使用しなければならないということです。。

解約を申し込んだ、翌月末の解約だからです。

例えば、1月20日に解約を申し込んだら、2月末の解約になるということです。

 

3,300円縛りなしWi-Fiのデメリットまとめ

以下に該当する方は、他の民泊Wi-Fiを検討されたほうがいいかもしれません

  1. よく紛失をする
  2. 取り扱いが雑で壊す
  3. 端末にこだわりがある
  4. 毎日10時間You Tubeを見る
  5. 口座振替を希望→『SPACE Wi-Fi』のみ
  6. 最低2ヶ月の使用

デメリットをクリアできなかった方は、3,300円縛りなしWi-Fi以外の民泊wi-fiがおすすめ↓↓

安っ!民泊wifiは個人利用できる(4社比較)口コミ評判。メリットデメリット

 

デメリットをクリアされた方は、13ヶ月後に2,800円になる縛りなしWi-Fiですね。

ここまで安いポケットWi-Fiはないですね……。

>>永年3,300円縛りなしWi-Fi

永年が切れる値上げ前に申し込みをされたほうがいいです。

 

【1】3,300円縛りなしWi-Fi(民泊Wi-Fi)のメリット

「3,300円縛りなしWi-Fiのデメリットはわかったけど、メリットも知りたい!」という方へ。

デメリットを上回るメリットを8つ紹介させていただきます。

3,300円の縛りなしWi-Fiのメリット

  1. しばりがない
  2.  レンタルだからWi-Fi端末を購入する必要がない
  3. 解約に引き止めがない(ネットで解約ができる)
  4. 初期費用0円
  5. 月額の料金が固定
  6. 通信量が無制限
  7. 13ヶ月の継続利用で「月額2,800円」
  8. 解約は「契約終了後5日」以内に返却すればOK

 

【メリット1】しばりがない

料金が永年変わらないグラフ

永年3,300円で使用できる

「縛りなしってなに ? 」という方へ。

まず『縛りあり』を説明したほうがわかりやすい。

『縛りあり』とは……。

契約したら、最低2年間もしくは3年間は、ポケットWiFiを使い続けてくださいね。それを守らないと解約金がかかりますよ~。

ということです。


これに比べて、縛りなしWi-Fiは、インターネット上いつでも解約できるところが大きなメリット。

大手のポケットWi-Fiの2年のしばりの契約をしてしまって、他に安いWi-Fiが出てきたら目もあてられません。

 

下記のような文字が、小さく表記されているのを知っていますか?
『2年プランの場合、、解約のお申し出がない場合、更に2年間の契約として、自動更新となります。』
これはつまり、『更新後に、解約してしまったら違約金がかかるということです。』

もう一度言います。

『更新後に、解約してしまったら違約金がかかるということです。』

 

これおかしいですよね。つくづく思います。

勝手に更新されてしまって、「なんで、解約できないの?」と、コールセンターの人と、もめているあなたの姿が目に浮かびます

もめるのいやですよね…。。。 

であれば、縛りなしのWi-Fiを契約してください。

 

【メリット2】 Wi-Fi端末を購入する必要がない

縛りなしWi-Fiは、レンタルだから返却すればOK。

レンタルだから月額3,300という価格を維持できるんですね!

(※過去民泊Wi-Fiの動向を見ていると、値上げの可能性は大いにあります)

 

ただ、返却時の送料は自己負担なので注意してください。

(※縛りなしWi-Fiは、返送費用が360円のレターパックライトでポスト投函できます。レターパックライトは、郵便局やコンビニで販売しています。)

 

購入した場合は、残った端末をどうするか?

という課題が出てきます。

売る!?捨てる!?

返す!!

レンタルであれば返すだけ。

売る、捨てるを考えるのもめんどくさいですよね。。。

端末が残らないメリットがあります。

 

【メリット3】解約がしやすい。引き止めがない(ネットで解約ができる)

インターネットから、あっさり解約ができるのがメリットです。

ネットで気軽に解約ができます。

大手のポケットWi-Fiを使っている方の場合は、「解約すると、ほかセット割引が効かなくなるので、損になりますよ」というような引き止めがあるのがデメリットですよね。

縛りがある上に引き止め…。

 

 

引き止めは大手のキャリアに多いです。

契約していて、他社乗り換えしようとするときに、断っても断っても、

「解約すると、セット割が外れるので損しますよ。」

といわれる。

 

解約をするのにもストレスがかかる。

3,300円縛りなしWi-Fiは、解約フォームからかんたんに解約できます。

あっさり解約ができるのがメリットです。

そもそも、これが普通ですよね。

解約方法はこちらの記事をお読みください。

安っ!民泊wifiは個人利用できる(4社比較)口コミ評判。

目次から縛りなしWi-Fiの解約方法へ

 

【メリット4】初期費用0円

f:id:wakuwakusetuyaku:20180617105330p:plain

縛りなしWi-Fiであれば、初期費用がかかりません。

月額の料金が、3300円(税抜き)で固定です。

解約費用もかからないので、「申し込みしやすく、解約しやすいという特徴があります。

 

【メリット5】料金体系がシンプル(明瞭会計)

石黒敬太の自画像

縛りなしWi-Fiは月額3,300円のみ。なんです!

 
この料金でWiMAXもしくはソフトバンクのWi-Fiを借りられる!

シンプルで明瞭な料金設定なのが、3,300円縛りなしWi-Fiのいいところ。

だって商品が1個しかないのだから。

その商品が気に入らなければ、やめればいいのです。

 

プランも1個しかない。

例えば、とんこつラーメン1本で勝負しているラーメン屋さんみたいな感じ。

定食屋のように、「どの定食にしようか?」と悩む必要がない。

 

『7GBまでは3,980円』などのまどろっこしい契約がありません。

契約期間途中(しばり中)の解約違約金もありません。

「結局、どれを選べばいいんだーーーーーーっ」となってしまいます!

だから、料金プランについて考えるのをやめてしまうのです。

 

手数料の表記も、必ず小さい文字で書いてあります。

調べるとき探すのが大変です。

 

縛りなしWi-Fiのサイトと比べてみてください。

縛りなしWi-Fiは明瞭解決なサービスです。

余計な頭を使わなくて済みます。

 

【メリット6】通信量が無制限のWiMAXが借りられる

f:id:wakuwakusetuyaku:20180617105437p:plain

民泊WiFiのWiMAXは、厳密にいうと無制限ではありません。

3日で10GB使うと、通信速度の制限がかかってしまう可能性があります。

これを、一般的には無制限と言っています。

でも、毎日3.3GB使えたとして、一ヶ月99GB使えます。

使いすぎると、翌日の18時~2時まで速度制限がかかりますが、逆にいうとその時間帯以外は制限なしで使い放題ということです。

その時間帯を避ければ、200GBでも使えるということです。

 

毎日3GB使う人といったら、毎日10時間以上、標準画質でYou Tubeを見る人です。

わたしは、You Tubeで動画を毎日見ています。

民泊Wi-Fiで、通信の速度の制限にかかったことはありません。

 

【メリット7】13ヶ月の継続利用で「月額2,800円」

この13ヶ月利用サービスは、特に申し込みは必要ありません。

13ヶ月利用すると、自動的に月額2,800円(税抜)に切り替わるのが大きなメリットです。

2019年2月21日現在、業界最安値です。

 

【メリット8】解約は「契約終了後、5日」以内に返却すればOK

縛りなしWi-Fi は、月末の解約になります。

毎月5日までに端末を返却すればOKです。

契約終了後、2日後までは使えますね!

解約日までに、端末を返却しないといけない会社もあります。

 

デメリットを上回るメリットを感じられたのではないでしょうか?

最短翌日に送られてくるのも嬉しい!

>>【公式サイト】縛りなしWi-Fi 

(申し込み時に「クーポン入力」とありますが、2019年3月18日しらべで、クーポンの発行などはやっていません。安心してお申込みください。)

縛りなしWi-Fiは、まだ1回もクーポンを発行していません。

 

3,300円縛りなしWi-Fiの口コミ評判

私の口コミと評判

石黒敬太の顔イラスト

「夕方に申し込みをしても、翌々日新品のポケットWi-Fiが到着!申し込みがネットで3分で完了 。」

 

女の子のイラスト

「へー!新品のポケットWi-Fiだと電池のもちもイイね!」

 

石黒敬太の顔イラスト

「いままでに民泊Wi-Fi4社を契約して、徹底比較してきた。でも、3300円はいままでで一番安い。この安さだと、ますます評判になるのがデメリット……。過去に民泊Wi-Fiの値上げがあったように、いずれ値上げされる可能性があるよ。」

 

男性の口コミ評判1

男性のイラスト

FS030W(ソフトバンク回線)の端末でした。

通信速度を測定しました。

回線が混む夜9時近くでも、速い通信速度が出ています。

下り速度、約19Mbps、上り約14Mbps出ているので満足」

 

男性の口コミ評判2

男性2

口コミ男性2

他の縛りなしWi-Fiと同じで、 電源を入れるとすぐに使えた。

最新機種のPocket WiFi 603HWが届いた。

 

2019年に始まったサービスなので口コミなどは少ないです。

デメリットや口コミの情報などがあれば、追記します。 

 

口コミ評判まとめ

  • 申込みしてから早く届く
  • 下りが19Mbpsでる
  • You Tubeなど問題なく見れる速度
  • 電源を入れるとすぐに使える

 

3,300円縛りなしwi-fi「FS030W」の口コミ評判

FS030W

FS030W

男性の口コミ評判1

男性のイラスト

8時~23時、持ち歩きで使用して、バッテリー70%使用です。

意外と持つという印象です。

本体は細かい設定はできない。

アプリで設定が可能。

本体の触った感じはよくて、気に入っています。

 

男性2

口コミ男性2

使用するときだけ電源を入れて使っています。

充電の消耗が少ないです。。

待機状態で充電減るという口コミを見ました。

でも2日置いておいても減っていません。 

※「FS030W」の口コミ評判で多いのが、「電池のもち」が良いということです。

これはわたしも感じます。余裕で1日もちます。

 

3,300円縛りなしWi-Fiは遅いの ? SPACEWi-Fiと速度を比較

縛りなしWi-FiでレンタルをしたポケットWi-Fi(FS030Wソフトバンク回線)で、夜22:00くらいに速度を測定しました。

f:id:wakuwakusetuyaku:20190205234747j:plain

22:00という1番混む時間帯に、「ダウンロード」が24.28Mbpsも出ています。(ストレスなく、You Tubeが見れる速さ)

リスクのない、しばりなしのプランだから、WiMAXやソフトバンクのポケットWi-Fiなら民泊WiFiの縛りなしWi-Fiがおすすめです。

 

SPACEWi-Fi(民泊Wi-Fi)の通信速度と比較

W04の通信速度

W04の通信速度

 

E5383の通信速度

E5383の通信速度

これだけ速度がでていれば、インターネット、You Tubeは支障ないです。

 

今なら永年3,300円です。民泊Wi-Fiは、料金を維持できずに値上げという可能性が大いにあります……。

少しでも興味がある方は、値上げ前に申し込みをされたほうが無難です。(縛りがないため)

>>縛りなしWi-Fi 

>>SPACE Wi-Fi

 

3,300円縛りなしWi-FiとSPACEWi-Fiの料金比較

SPACEWi-Fiという神Wi-Fiのサービスをマネして、さらに安くしたのが3,300円縛りなしWi-Fiです。

SPACEWi-Fiと料金を比較してみましょう。

SPACEWi-Fiとの料金の比較表



 

「3,300円縛りなしWi-Fi」の解約はかんたん

解約方法は、以下の通りです。かんたんです。

縛りなしWi-Fi←こちらをクリックします。

「よくある質問」→「お問い合わせフォーム」

f:id:wakuwakusetuyaku:20190206001921j:plain

 

↓ 「お名前」と「メールアドレス」、「お問い合わせ内容」に解約したい旨を記入すれば、解約に関する返信メールが届きます。

お問い合わせフォーム

お問い合わせフォーム

借りた3品(端末、充電器、充電ケーブル)をレターパックライト(360円)で以下の住所に返送します。

『返却先』

〒143-0026

東京都大田区西馬込1丁目22−19

株式会社クーペックス

電話番号 0800-600-0209

契約終了日から5日以内に返送します。

【★解約の具体例】
4月20日に解約申請→5月末に解約→6月5日までに返却

 

契約期間のしばりがない民泊Wi-Fi4社!月額費用の比較表

f:id:wakuwakusetuyaku:20180617105204p:plain

わたしは、2017年から縛りなしでWiMAXがレンタルできる民泊Wi-Fi「4社すべて」を徹底的に使い倒してきた民泊Wi-Fiマスターです。

結論からいうと、保証費用なしで考えると、1番安い民泊WiFiは縛りなしWi-Fiです。

会社名 月額
縛りなしWi-Fi 3,300円 ※1
SPACE Wi-Fi 3,680円
民泊レンタルWi-Fi 4,500円
famifi 3,980円 ※2

 ※1 縛りなしWi-Fiは13ヶ月目以降は2,800円

※2, amifiは、はじめの2ヶ月2,480円です。

 

縛りなしWi-FiとSPACE Wi-Fiは、初期費用が0円。

(保証費別途:月額500円)※任意

 

民泊レンタルWi-Fiの初期費用は4500円(税抜)。

(保証費用含む)※必須

 

famifiの初期費用は3000円(税抜)。

(保証費別途:月額500円)※任意

(4社、返送時の郵送代だけはかかります!)

 

わたしが、famifiで契約させていただいたときは、WiMAXの端末が届きました。

SPACE Wi-Fiを2回申込みをしたときは、WiMAXとソフトバンク回線の端末が到着しました。

4社の民泊Wi-Fiについて詳しく知りたいかたは、徹底比較したこちらの記事をお読みください。

www.muji-nobita.com

 

【2】民泊Wi-Fi以外のWiMAXは契約期間のしばりがある

各社、縛りあり、縛りなしの「ポケットWi-Fi」「WiMAX」を表にして徹底的に比較しました。

しばりのあるWi-Fiを契約しているあなたが、どれだけ損をしているかを証明しますね!

縛られている方は、ぜひお読みください。

f:id:wakuwakusetuyaku:20180617105816p:plain

結論からいうと民泊用Wi-Fii以外のポケットWi-Fi(WiMAX)は、おすすめしません。

なぜなら、ほとんどのポケットWi-FiやWiMAXの会社には、契約期間のしばりがあるからです。

 

スマホなどの通信会社の、docomoやソフトバンクauなどの、2年しばりを考えていただければわかりやすいかなぁ。

『期間は2年毎の自動更新となり、初回は25ヶ月目が更新月になります。』 

という表記が、目立たない文字で書いてあります。

つまり、縛られるということです。

わかりにくい複雑なプランという時点で、ユーザーのことを考えていません。(キッパリ)

 

縛りがないポケット有名どころのWi-Fi

Ymobile

ベーシック 5,980円

※契約種別「ベーシック」は、契約期間の定めはありません。

でも、高すぎです。

 

ワイモバイルのベーシックプラン以外の契約期間は、3年です。

結論からいうと、下記でご紹介していくポケットWi-Fiはおすすめしません。

「事務手数料がかかる&契約期間のしばり」があるからです。

 

しばりがある「ポケットWi-Fi」「WiMAX」について

f:id:wakuwakusetuyaku:20180617105941p:plain

月額料金が民泊Wi-Fiとほぼ同じ、契約期間があるWi-Fiなど、有名なところのポケットWi-FiとWiMAXを調べてみました。

よくポケットWi-Fiのランキングサイトに載っている縛りありの「有名なポケットWi-Fi」を調べて表にしてみました。

 

ポケットWi-Fi、WiMAXのしばり期間の比較表

  契約期間(しばり)
UQ WiMAX 2年
カシモWiMAX 2年
GMOとくとくBB 2年~3年
Yahoo WiFi 3年
NEXT mobile 2年
Broad WiMAX 3年

 
結論→契約期間を覚えてられない。

「縛りなし」のポケットWi-FiやWiMAXにしたほうが精神衛生上良いかもしれません。

解約を忘れてしまうと、ショックですよね。

どんどん安いWi-Fiが出てくるのに、しばりがあると契約解除をしたくてもできないのは「デメリット」です。

 

大手のポケットWi-Fi、WiMAXの会社違約金についての比較表

 スマホから見ている方は、横スクロールできます。

  12ヶ月まで 13~24ヶ月 25ヶ月目以降
UQ WiMAX  19,000円 14000円 9,500円
(26ヶ月目以降)
カシモWiMAX 19,000円 14000円 9500円
GMOとくとくBB 24,800円 24,800円 9500円
Yahoo WiFi 毎月の変動あり ~29,280円 ~19,680円
(だんだん安くなる)
NEXT mobile 19,000円 14000円 9,500円
(26ヶ月目以降)
Broad WiMAX 19,000円 14000円 9500円

 

有名どころのWiMAXは、下記のような違約金の会社が多いです。

  • 1年目で → 19,000円
  • 2年まで → 14,000円 
  • 2年目以降 → 9,500円

この違約金はデメリットですね……。

比べてみると、やっぱり、ポケットwi-fiは縛りなしWi-Fiが、月額費用も良心的でプランがシンプルですね。

 

ポケットWi-Fi、WiMAXの会社の契約事務手数料の比較表

  契約事務手数料
UQ WiMAX  3,000円(初期費用)
カシモWiMAX 3,000円
GMOとくとくBB 3,000円
Yahoo WiFi 3,000円
NEXT mobile 3,000円
Broad WiMAX 3,000円

 

やっぱり、「契約事務手数料」がかからないというメリットは大きいです。

約1ヶ月分安くなりますよね。

表を見ると、初期費用0円でWiMAXが借りられる月額3,300円縛りなしWi-Fiがお得です。

 

 ポケットWi-Fi、WiMAX3社ピックアップ

f:id:wakuwakusetuyaku:20180617110250p:plain

 カシモWi-Fi

カシモWi-Fiは値段はやすいのですが、縛りなしないのがデメリット。

でも、3,300円縛りなしWi-Fiとそんなに値段は変わりません。

  • 月額はとほぼ同じ
  • 契約期間(しばり)が2年
  • 契約事務手数料3,000円

GMOとくとくBB

GMOとくとくBBは月額は安いのですが、契約期間があるのがデメリット。

キャッシュバックを使わないと、縛りなしWi-Fiよりは安くなりません。

  • 月額は3,300円縛りなしWi-Fiより高い
  • 契約期間(しばり) 2年~3年
  • キャッシュバックあり
  • 事務手数料:3,000円(税抜)

GMOとくとくBBは、1ヶ月内の定められた期間に解約しないと、違約金がかかってしまいます。


Yahoo WiFi
  • 月額料金は4000円代
  • 契約期間(しばり) 3年
  • 契約事務手数料 3,000円

 

1ヶ月しかない自動更新!?1年後の解約月は覚えられない

期間は2年毎の自動更新となり、初回は25ヶ月目が更新月になります。

 

自動更新…。

わすれたら違約金です。

 

覚えておかなければなりません。

2年後にアラームをかけておきますか?(笑)

解約月を覚えてられない人は、契約期間の縛りなしの縛りなしWi-Fiをおすすめします。

 

大手のポケットWi-FiやWiMAXの会社のプランはわかりにくいのがデメリットです。

プランがたくさんありすぎます。

大手の携帯会社のプランと似ていますよね。

複雑な料金プランを見ていると、吐き気を催してきませんか?

私だけではないはず。絶対(笑)

 

これで考えるのをやめて、しばりのあるWi-Fiに契約してしまう…。

こういうポケットWi-Fiって良心的じゃないですよね。

でも……

考えるのをやめてしまう、ユーザーにも問題あると思うのです。

 

わかりにくいプランは、あなたを考えさせなくさせる戦略だと思うんです。

考えなきゃだめです。

毎月払うものなのだから。

>>3,300円のみ縛りなしWi-Fiのプランを見てみる

 

【3】格安SIMのデータ通信3つのデメリット

f:id:wakuwakusetuyaku:20180617110302p:plain

ポケットWi-Fiではありませんが、スマホの格安SIMで代用するという手もあります。

しかし、おすすめしていません。

 

2つ理由があります。

  1. 契約や料金体系がややこしすぎる(明瞭会計ではない)
  2. スマホを持たなければならない。

縛りなしWi-Fiであれば、レンタルだから返却すればいい。)

格安SIM会社で契約するデメリットを3つご説明します。

 

【デメリット1】スマホ端末を持たないといけない

スマホを別に買わなくてはいけないのがデメリットです。

(スマホをもっていれば、できる可能性もあります。

縛りなしWi-Fiの場合は、端末をもっていなくてもレンタルなので問題ありません。


【デメリット2】データ通信制限あり。縛り期間があるところが多い

 無制限で使用できる格安SIMは、縛りの期間があります。

つまり、2年以内の解約時に違約金がかかるということです。

 

調べると無制限もありました。しかし、通信速度は最大500kbpsなど速度が遅すぎる。ありえない。

 

そして、料金体系が複雑すぎる……。

まったくわからない。

また吐き気が……。

 

そもそも、格安SIMの会社って、たくさんありすぎる。

比較して、ベストな料金プランを決めるのに、1ヶ月くらいかかりそう。

うんざり。

 

個人でも契約できる縛りなしWi-Fiであれば、3社くらいしかない。

そして、料金プランがシンプル。

というか1つしかない。

 

【デメリット3】定額制でないところが多い
3GBまで2,980円やら7GBまでは3,980円…

など、料金プランが複雑なところが多い。

こういうのはもううんざり。

3300円縛りなしWi-Fiであれば月額固定です。

 

通信無制限定額制でもデータ無制限、もしくは、しばりなしの格安SIMを探してみました。

結論からいうと、民泊Wi-Fiに勝てる情報はありませんでした。

 

【強いて上げるなら下記の3社】

f:id:wakuwakusetuyaku:20180617110428p:plain

 

U-mobile

U-mobileは

  • 最低利用期間の縛りがなし
  • データ専用のSIMで通信量無制限

しかし、実質1日1GB以上使用すると3日の通信速度の制限がかかるという情報がありました。


混雑時には通信速度の制限がかかる場合があるとの記載もあります。

(民泊Wi-Fiはそういう制限はありません)

 

料金プランもたくさんあって、選ぶのが大変そうだ。

「ややこしくても大丈夫」というかたは、いいかもしれないけど。

  • 登録事務手数料:3,000円
  • SIM発行手数料:394円

※民泊Wi-Fiは、3日で10GB使えるし、プランは1つだけ。

初期費用がまったくかからない。

 

格安SIMで無制限の有力候補でしたが、比べてみると3300円縛りなしWi-Fiほうがいい。。。

 

nuro mobile

しばりなしですが、、、。

  • 契約事務手数料:3,000円
  • データ○○GBいくらなどプラン多数

完全に無制限ではないのでおすすめできません。


「午前1時~6時までの間だけ無制限」

とか

「毎日5時間までという時間制限の範囲内であれば、無制限……」

??

ちょっとややこしいですね。

 

DTI無制限SIM「ネット使い放題」
  • 無制限だけど、遅いという評判あり
  • 最低利用期間 12ヶ月のしばりがある。

速度が遅いというデメリットの評判と、最低利用期間があるというデメリットがあるという情報がありました。

 

格安SIMのデータ通信まとめ

f:id:wakuwakusetuyaku:20180617110717p:plain

プランがややこしすぎる(大手キャリアに比べればマシだけど)

プランがおおいから、考えることが多すぎます。

 


格安SIMの最低利用期間は、多くの場合半年~1年

docomo、au、ソフトバンクの2年と比べると縛りの期間は短いです。

しかし、しばりはあります。
データ通信のみの格安SIMは、しばりがないのもあるけど3300円縛りなし民泊Wi-Fiにはかなわない。

音声通話SIMでしばりがない会社は少ないです。


下記の3社はしばりはないけど、MNP転出(番号そのままで他社に乗り換える)の場合は手数料が高くなるというデメリットがあります。

  •  マイネオ
  • FREETEL
  • イオンモバイル

上記の会社はしばりなしですが、データ通信無制限ではありません

 

現在縛られている方は3,300円縛りなしWi-Fiがおすすめ

 2年しばりで、身動きができずに、「他社のポケットWi-Fi(ワイマックス)に変えたいんだけど……。」という方へ……。

もう、しばられるのやめませんか?

 

下記のようなことを思っている方は、ぜひ月額3,300円縛りなしWi-FiのWiMAXをおすすめします。

  • 2年しばりのWiMAXとかイヤ
  • 解約違約金にうんざり
  • いま複雑プランに加入している
  • 短期間でWiMAXやポケットWiFi使いたい
  • どのプランを契約していいかわからない

3,300円縛りなしWi-Fiは、2019年2月5日最新機種のWiMAXも取り扱っています。

そして、13ヶ月利用すると永年月額2,800円になります。 

 

まとめ(3,300円縛りなしWi-Fi(民泊Wi-Fi)がおすすめ!)

f:id:wakuwakusetuyaku:20180617105146j:plain

3,300円縛りなしWi-Fiのメリット3つ

  1. 月額料金3,300円
  2. 通信制限なし
  3. 初期費用0円

 

「縛りなし」なのでやめたければ解約すればいいだけ。

悩む時間がもったいないので、「お試し感覚」でお申込みしてみるのがいいと思います。

使ってみないと分からないですよね。

 

過去にSPACE Wi-Fiは、値上げがありました。

2019年にサービスを開始した「3 300円縛りなしWi-Fi」も、値上げの可能性があるのが難点なんです。

「2年の縛りが切れてから!」と言っていては手遅れになる可能性があります。

早め申し込みをされたほうがいいと思います。

>>3 300円縛りなしWi-Fi

 
ユーザーが増えると、サービスが改悪する可能性があるため、本音を言うとあまり広まってほしくないサービスです。

改悪してしまったら、他にリスクなく乗り換えることができるのもメリットですね^^