ミニマリストのび太の無印良品大好きブログ

30代会社員&副業ブログセミナーの講師。すべてを無印良品へ。ブログで在宅収入を得るサポートとミニマリストオフ会を定期的に開催。

イライラを持続しない1つの対策!潜在意識にあたえる悪影響とは

f:id:wakuwakusetuyaku:20190421154315p:plain

満員電車の中、帰宅中の話です。

たくさんの人が降りる駅があったんです。

そこで、わたしはその駅で降りないので邪魔になっていたんですね。

その時に、男性のかたにグッと押されてイラッときたことがありました。

そのとき反射的に、わたしもその男性をグッと押し返してしまったということがあったんです。

その後、押し返してしまったことに対して、嫌な気分がぐるぐるぐるぐる残ってしまっていたんですね。

 

反射的にしてしまうイライラの爆発が怖い

押してしまったこと。

それは、自分では考える暇もなく反射的に出てしまった行動だったんです。
これって、とても怖いことですよね。

反射的にイライラを発散してしまう。

反射的に殴ってしまえば、逮捕されてしまいます。

 

わたしのような凡人ではない、聖人君子のようなみなさまも、疲れている時に何かしらイラッとしたことがあって、八つ当たりのようなことをしてしまったこともあるのではないでしょうか?

 

身近な人、お子様、上司、パートナーに、イライラしてしまって嫌な態度を表してしまったりしたことってありませんか?

嫌なこと、ムカッときたことがあったときに、どう対処されていますか?

  

イライラを態度に表さずに、我慢をしてみた結果

例えばわたしの事例です。

上司に叱られたときに、不満な態度を取らずに我慢をしてみたんです。

もう一つの事例は、同僚に言われたことにイラッときても、言い争いにならないように我慢してしみたんです。

 

その時は、胸のあたりがムカムカとするんですけど、イライラ落ち着くのがはやいというのがわかったんです。

イライラが持続しないっていうのがわかったんですね。

 

以前は、上司や同僚にたいして、抑えきれずにイライラを態度に表してしまっていました。

そのあとは、嫌な気分がずっとぐるぐる回っていたということがありました。

 

イライラを我慢!潜在意識にはどういう影響があるのか?

この我慢するということは、潜在意識的にはどういうことを表してるのかなと思ったんです。

満員電車で反射的イライラをぶつけて、イライラを爆発してしまった 。

そういう時は、潜在意識に「自分は自分を制御できないんだ」という悪い暗示になってしまっているんじゃないかなと思ったんですね 。

 

その時に我慢できていれば、自分を自分でコントロールできた、制御できたという満足感が残ります。

それは自信につながっていくんです。

その自信が、イライラをはやくおさめる役割をはたしていることに気づいたんです。

 

一旦はそのイライラを爆発させずに、自分の中で収める。

その後にどうしても言いたいことがあれば、時間をおいて冷静に相手に伝えるということが大切だということを知りました。

だから、イライラしたときは、その場を離れることをおすすめします。

 

最後に

皆さんも何かイライラとしたことがあっても、それをいったん我慢してみるということを試してみてください。

それはあなたの自信をそだてます。

 

その時はムカっときます。

でも、イライラが持続しすせずに、すぐにではないですがイライラが消えていくのが早くなるということに気づけると思います。

 

以上です。

ありがとうございました。