ミニマリストのび太の無印良品大好きブログ

30代会社員兼ブログセミナー講師。すべてを無印良品へ。ブログで在宅収入を得るサポートとミニマリストオフ会を定期的に開催。

趣味の断捨離のすすめ。ミニマリストが1番だけを残さないといけない理由

あなたの1番やりたいことはなに!?

f:id:wakuwakusetuyaku:20170811190236j:image

どうも!ミニマリストの石黒です。

 

わたしは、海外ドラマが好きです。いまでも、時間があればずっと見ていたい。

でも、それよりも大切なことがある。それを大事にしていきたい。

だから、「海外ドラマ」は捨てました。心の中から捨てました。

 

わたしはブログが大切。ブログをやることのすばらしさをお伝えしたい。

その使命のために、今日もブログにまつわることをする。

 自分の考えを、世の中に発信できる時代です。

インターネットが、そんな世の中にしてくれました。じゃあ、発信するしかない。

 

9人から嫌われても、1人が好いてくれるブログを作りたい。誰からも好かれるブログはつまらない。

『初心者のためのブログの作り方』ブログの運営術についてのブログも、やっています。

 

【目次】

 

やらないことを決めよう。2番手を捨てよう

あなたには、たくさんのやりたいことがある。

そのなかから、1つのやりたいことを選ぼう。そして、やらないことを決めよう。

大事なことを残す。2つを追いかけると、2つとも手に入らない。これは、真実だと思う。時間は有限。

本当にやりたいことに、時間を使おう!

   

趣味を断捨離してみませんか!?

あなたの本当に本当にやりたいことはなんですか!?

将来につながっていないことを続けていませんか!?

 

成長して、本当に好きな自分になる時間を残す選択をしよう!

やらなことを、決めてみる。そうしないと自分を変えられない。

4番手の趣味も、5番手の趣味も、やり遂げる時間は、残っていない。

 

やりたいことを絞ったら、環境を変えてみる

やらないことを決めてみる。

1つ本当にやりたいことを絞る。

そしたら、それをやらなきゃいけない環境に飛び込んでみる。

これが一番はやい。はじめは怖いけどね。

でも、それはすぐに慣れるよ。違和感を感じるのは、はじめだけ。

それが一番はやい。本当に。

環境が人の成長を決める。

環境に飛び込むことは、自分を追い込むこと。自分が、そうしないと動かないことを知っているから、環境を作ることを意識している。

もう一度言う、あっという間に慣れる。

 

『人間は何事にも慣れる存在だ』 

ドストエフスキー (ロシアの作家)

という言葉が、アウシュビッツ強制収容所の「夜と霧 」という本にも出てきた。どんな状況でもあっという間に慣れてしまう。

 

アウシュビッツ強制収容所に比べれば、環境の変化なんて大したことないと思えた。

アウシュビッツ強制収容所と違い、合わなければ、環境から離れられるのだから。

 

まとめ

手放して、また欲しくなったら、ためらわずにやればいい。

まずは捨ててみよう。本当にやりたいことを残さないと、やりたいことの時間なんてとれない。

一番早く、行きたいところに行こう。

2番手の趣味は、その後でもいい。

まあ、息抜きに2番手をやる分には、全く問題ないと思いますよ!

わたしも海外ドラマ借りに行くと思います。しばらく、見ていないから、本当に見たいモノを厳選して、小まめに息抜きで見ていくと思います。

大切なのは、1番と2番を明確に意識すること。 

 

↑ 久しぶりにミニマリスト本を読んだ。「なにかを選ぶと、なにかを捨てなければならない。」
もうモノは少ない私に必要なのは、選択肢の断捨離。いまの自分に1番必要だったミニマリスト本。
  

 

 ↑『夜と霧』を読んでいる(聴いている)と、自分の悩みがちっぽけに思えてくる。

こんな過酷な体験よりはマシだと思える。極限状態で人間はどう変化するのか!?極限状態でも、『自分の信念』貫く人もいる。環境のせいにしていてはいけないのだ。

 キンドル(Kindle)音声読み上げアプリ(音読朗読)が秀逸【Androidアンドロイドやり方】

 

『初心者のためのブログの作り方』

ブログの運営術についてのブログも、やっています。

情報を断捨離する記事、こちらもお読みください! 

www.muji-nobita.com