ミニマリストのび太の無印良品大好きブログ

30代会社員&副業ブログセミナーの講師。すべてを無印良品へ。ブログで在宅収入を得るサポートとミニマリストオフ会を定期的に開催。

なぜミニマリストが流行ったのか?シェア文化で世界が変わる!

なぜミニマリストが流行ったのか?

f:id:wakuwakusetuyaku:20180321183527p:plain

こんにちは!
ミニマリストの石黒です。

今回は、ミニマリストがなぜ流行ったのかということと、今後のミニマリスト文化の変遷について書きます。

オフ会を開催してきて感じるのは、
「物が少ないと心がすっきりする。」
という心の変化を語ることが多いことだ。

 

やはり皆、先進国というモノが溢れた世の中で生活するにあたって、頭の中には無意識に物というモノがこびりついている。

そこからミニマリスト志望者は、脱出したいと考えているのだ。

 

それをミニマリストブームに乗って、喚起されたのがわたしだ。
ブームにならなければ私はいつまでもモノと、戯れていたかもしれない。

 

旅館とミニマリスト

www.muji-nobita.com

どこか思うのだろう。宿泊先に行った時の気持ち良さを。

宿泊先へ行くと、必要最低限の物しかない。
必要だと思っているモノがないこともある。
ただ、しかし、清々しいのだ。


オフ会に参加されるミニマリストの方は、どのような理由でミニマリストになったのか?

男性の方も、女性の方も、オフ会に参加して頂けるが、

  1. 初めから物がそれほど多くなかったタイプ
  2. 物が多くて断捨離をしてすっきりした

という二つのタイプの方がいらっしゃる。

 

私は、それほどモノが多かったということもないのだが、今と比べるとだいぶモノは多かった。

以前は実家に住んでおり、物が多くて、捨てたいなという衝動はたびたび起きていた。
以前は、私もブランドモノが大好きだった。

無印良品もブランドだが。

 

www.muji-nobita.com

 

 

昔は日本人もミニマリストだった

f:id:wakuwakusetuyaku:20180321183159j:plain

日本人も戦前はモノが少なかった。

現代、食べるモノに困らなくなり、企業は商品を売らないと儲からない。
物を売るための施策をあれこれと考える。

現代社会では、しょうがないことなのかもしれない。
物が売れないと景気が良くならない。

 

矛盾を抱える現代。
オフ会では自分の食べるモノを、自分で作ると言うことに興味がある方も、多数いらっしゃる。
男性が多いイメージだ。

私も
「低コストな生活で働く時間を減らしたい」
と考えて、ミニマリストになった経緯もある。

 

情報も増えすぎている

f:id:wakuwakusetuyaku:20180321182945j:plain

インターネットが普及してきた現代、情報の量はとんでもない量になってきている。
たくさんの人が簡単に情報を発信できる。

YouTubeを誰でもアップできる。
小学生でもできる。

 

そのような情報から逃れるためにも、自分の体を使って感じて、自分の食べるモノを作りたいと考える人が増えているのかもしれない。

 

情報で幸せを感じるのではなく、自分の体験、感覚で幸せを感じることに重きを置いている人がその道へ行くのだろう。

 

シェアエコノミーとその発展

www.muji-nobita.com

シェアする文化が広がりつつある。

私も「リュックを貸し出しますよ!」
とブログに公開したことがあるが、誰も応募してこなかった。

 

ただ、私は一年に一回しか使わないリュックを不要だと思っている。
ただ、年に一回も使わないのに、まだ持っているという現実がある。

レンタルが気軽にできたらいいなと思っている。


ただリュックは安いモノなので、わざわざレンタルする手間を考えるなら、買ってしまった方が圧倒的に効率的だという考えもある。

スーツケースなんかは、レンタルが盛んだ。

 

今後シェア文化は伸びていく

f:id:wakuwakusetuyaku:20180321182713p:plain

民泊のエアビーアンドビーは、私も使ったことがある。

【Airbnb(エアビーアンドビー)】東京に1724円で民泊!ホストの方にいろいろ聞いてきた

 

タクシーの代わりとなるウーバー(Uber)などは、今後日本にも広がる可能性がある。

ウーバーが、なぜ広がったのかと言うと、「空車」で走っているタクシーと比べ圧倒的に効率がいいからだ。

お手すきのドライバーが近くにいて、乗りたいお客様が近くにいれば、「空車」で走る必要もない。

タクシーに乗りたい人と、載せたい人が、もっとマッチングできるようになったら、ウーバーはどんどん加速して広がっていくだろう。

 

ウーバーは、GPSを使って料金が事前に分かる仕組みだ。

海外によく行かれる方も、ウーバーを使ってみてとても便利だったということを言っていた。

 

タクシー業界も、アプリなどを使って、すぐにお客様を乗せられるような体制に変わってきている。

 

車のシェアサービスなども増えてきている。
私は、ビデオカメラなどもレンタルをした。

f:id:wakuwakusetuyaku:20180321182556p:plain

 

もっと、気軽にレンタルできる文化が増えていけばいいと思っている。

今後は、日本の冬服を夏になると、冬服を必要としている国へレンタルされるということが起きるかもしれない。

物を増やさない文化にお金を使って行きたい。

 

まとめ

世界的にもシェアの文化が広まってきている。
アメリカでも、ミニマリストの存在がいることはご存知だろうか?

アメリカ超人気ミニマリストブロガーの本が名著だった件

 

アメリカでは、バンバンとクレジットカードで物を購入するという文化があるというのを聞いたことがある。

 

物を買わせる世の中とミニマリスト思考に住む人達。
この二極化は加速していくと考えられる。

 

www.muji-nobita.com

www.muji-nobita.com

www.muji-nobita.com

www.muji-nobita.com