ミニマリストのび太の無印良品大好きブログ

すべてを無印良品へ。ミニマリストなMUJIマスター。

【ミニマリスト財布】カギ(鍵)を収納「フルトキーデル」(Fulltokeydell)で決まり

f:id:wakuwakusetuyaku:20161115065641j:image

 これぞミニマリストの財布

f:id:wakuwakusetuyaku:20161123150937j:image

鍵と財布が一体となった超シンプルな財布を紹介させてください。

 

ついに見つけてしまいました……

 

ミニマリストの財布……

 

 

一人文具メーカーBeahouse社の「フルトキーデル」(Fulltokeydell)というお財布

www.bea-house.com

 

阿部ダイキさんがひとりで作った文具メーカーのお財布です。

 

そのお財布が「Fulltokeydell」です。

フルトキーデル」と読みます。

フル・ト・キーデル

「振ると・キー・出る」

 

ズバリ……

財布を「振ると」「カギ」が「でる」お財布です!

 

「フルトキーデル」(Fulltokeydell)との出会いは創作者、阿部ダイキさんとの出会い

今まで使っていた財布は、チャックが壊れていて、最後まで閉まりませんでした。

「まだ使えるけど、ちょっと不便になってきたので買いかえたいなー」

と思っていました。

 

2016年ブロガーズフェスティバルに参加した時、文具メーカーの 阿部ダイキさんが参加されており、この財布を紹介されていました。

 

懇親会にいらっしゃっていた阿部ダイキさんと、お話させていただく機会があり、 

「カギがでてくる財布見せてください。写真取らせてください。」

 とお願いしたところ、

 

「 差し上げます!」

 

とおっしゃってくださいました。

なんという太っ腹でしょう。

 

「フルトキーデル」(Fulltokeydell)はミニマリストの財布!こんな人にオススメ

  • カギをよく忘れる
  • カギを取り出すのに手間が、かかっている
  • 財布の中身をごちゃごちゃさせたくない
  • 小銭を溜めたくない
  • カードを増やしたくない
  • 財布をうすくしたい
  • 財布のチャックが面倒

 

こんな人にはオススメしません

  • レシートをたくさん入れる
  • カード類をたくさん入れる
  • 割引券を大量に保持する
  • 小銭をたくさん溜めたい
  • 鍵を4つ以上お財布に入れたい

 

こう見るとまさにミニマリストの財布ですね。

いかに不要なものを財布に入れていたかが分かります。

この財布との出会いで、「財布に収納がたくさんあると余計な物を入れてしまう」事に気づきました。

 

「フルトキーデル」(Fulltokeydell)のご紹介

f:id:wakuwakusetuyaku:20161123150947j:image

 

以前の財布
f:id:wakuwakusetuyaku:20161123151514j:image

かなりミニマムになりました
f:id:wakuwakusetuyaku:20161123150959j:image

ゴムで止めるので、カードお札が落ちない仕組みになっています。

f:id:wakuwakusetuyaku:20161203091524j:image

 

左側がカード入れ。
f:id:wakuwakusetuyaku:20161123151027j:image

右側にカギが収納されています。

カード類は10枚ほど入ります。

 

メリット【1】 小銭が取りやすい

f:id:wakuwakusetuyaku:20161123151045j:image

↑ チャックがありません

小銭がとても取りやすい

このメリットは使ってみないと、わからないかもしれません。

 

レジ前でもたつくことが、本当に少なくなりました。

 

これぞミニマリストの時間短縮術でもあると思うのです。

f:id:wakuwakusetuyaku:20161123151053j:image

小銭入れが浅いから、小銭がたくさんにならない。

すぐに使い切れる。

 

物理的に小銭がたくさん入らないと、小銭が溜まらなくなるんですね。

 

  1. 小銭の方から消費する
  2. 小銭が足りない時はお札を使用する

 

というサイクルが出来上がりました。

 

「小銭があるのにも関わらず、お札を使う」

 

ということがなくなりました。

これぞミニマリストの財布ではないでしょうか?

 

チャックがないので、始めは少し気を使うと思います。

慣れれば特に問題がありません。

 

財布をさかさまに開けてしまうと、小銭が落ちてしまいます。

 

使い始めは気をつけるようにしてください。

慣れてくれば、無意識にできるようになります。

 

メリット【2】財布を振ると、カギが出てくるのがマジ便利! 

www.youtube.com

↑ とりあえず見てください。

 

財布を振ると鍵がでてきます!

 

阿部ダイキさんは

「自分がこんな財布が欲しいと思った。そんな財布を作った。」 

とおっしゃっていました。

 

このカギがでてくる感じ……

 

まぁじ、カッコいいんっす。

 

最初はコツがいります。

慣れれば問題ありません。

 

f:id:wakuwakusetuyaku:20160921091651j:plain

↑ 以前はこのような財布でした。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/w/wakuwakusetuyaku/20160925/20160925103450.jpg

↑ チャックを2つ開けて、毎日カギを取り出していました。

小銭と混ざったカギは、

小銭が取りにくい

カギも取りにくい

という2重苦でした。

 

なんとか2重苦を解決したいと、以前から考えていました。

そのときに現れた救世主が、ミニマリストの財布「フルトキーデル」(Fulltokeydell)でした。

 

 

メリット【3】カギを忘れなくなる

www.muji-nobita.com

以前、記事で書いていますが、のび太は財布にカギと定期を入れています。

このメリットで、本当にカギと財布と定期を忘れることがなくなりました。

 

家にカギを忘れた!

通勤の時に改札口で

定期がない!」

慌てふためくことがなくなりました。

 

財布とカギと定期を一緒にすることのメリットは計り知れません。

皆さんもやってみて下さい。

マジにおすすめです。

 

財布を忘れなければ、定期も忘れないし、カギも忘れない。

本当に忘れ物をする確率が下がっていきます。

 

メリット【4】レシートが溜まらなくなる

物理的にレシートが入るスペースがないことによって、レシートがたまらなくなることはとても驚きでした。

 

レシートを入れるスペースがないだけで、レシートを溜めなくなるのです。

 

レシートをもらっても、すぐにレジ前で捨ててしまうか、くしゃくしゃにしてゴミ箱に入れてしまうようになりました。

 

マネーフォワードを使用しているため、物を購入したらスマホですぐに家計簿をつけています。

 

レシートを捨ててしまっても、全く問題がありません。

 

定期的な溜まったレシートの廃棄作業もなくなりましたので、とてもストレスから解放されています。

 

【画像解説】カギの使用方法

f:id:wakuwakusetuyaku:20161203101142j:image


f:id:wakuwakusetuyaku:20161203101222j:image

 ゴムを外して、端っこの方を持ちます ↑

 


f:id:wakuwakusetuyaku:20161203101230j:image

↑ 振るとカギがでてきます。

小さく2、3回振るのがコツです。

革が柔らかくなるまでは、カギの出が悪いかもしれません。

柔らかくなってくればスムーズにでてくるようになります。

 

カギを収納するときは、2.3回「ゴムの取っ手」を小さく持ち上げるのがコツです。

 

f:id:wakuwakusetuyaku:20161129200327j:image

↑ 片手でもカギを開けらる。


f:id:wakuwakusetuyaku:20161129200340j:image

 


f:id:wakuwakusetuyaku:20161129200405j:image

↓ ゴムが伸びるので両手でもOK

 

初めは慣れが必要かもしれません。

慣れるまでは少しやりにくいなと感じるかもしれません。

慣れれば全く問題ありません。

 

【画像解説】「フルトキーデル」(Fulltokeydell)鍵のセットアップ方法!

f:id:wakuwakusetuyaku:20161123151135j:image

セットアップ方法は同封説明書に書いています。

 


f:id:wakuwakusetuyaku:20161123151142j:image

 

 

↓ この3点だけです。まじシンプル
f:id:wakuwakusetuyaku:20161123151214j:image

 

 

↓ ゴムはヘアゴムのような感じ。伸びます。
f:id:wakuwakusetuyaku:20161123151226j:image

 3個の鍵をつけるのが限界だと思います

 

カギを多くしてしまうと、財布から出てこなくなる可能性がありますので、気をつけてください!

f:id:wakuwakusetuyaku:20170211214429j:image

 

↓ セットの終わったゴムを、財布の右端から挿入していきます
f:id:wakuwakusetuyaku:20161123151252j:image

 

 

↓ 右上の穴の開いているところを目指して、ゴムを通していきます。
f:id:wakuwakusetuyaku:20161123151305j:image

 

 

財布の右上に 小さい穴が開いているのでそこにゴムを通します。
f:id:wakuwakusetuyaku:20161123151324j:image

 

ゴムを通す作業がちょっと難しいので、シャープペンシルやボールペンの先などで、ゴムを外に出してあげます。
f:id:wakuwakusetuyaku:20161123151351j:image

 

通りました
f:id:wakuwakusetuyaku:20161123151409j:image

 

 

ゴムに「取っ手」をつけてあげてできあがり!
f:id:wakuwakusetuyaku:20161123151426j:image

 

 

免許証とPASMOが一緒だと改札口で反応しないから、2枚は離してあげよう

f:id:wakuwakusetuyaku:20161203092529j:image

上記の画像のように、免許証とスイカパスモは、一番遠くなるように配置してあげることが大事です。

上記画像の配置が一番遠くなります。

 

初めはこれに気がつかなかったので、改札口で後ろの人に迷惑をかけてしまいました。

 

4色から選べます

f:id:wakuwakusetuyaku:20161203102453j:plain

阿部ダイキさんはホワイトを使っていました。

黒とブラウンで悩みましたがブラウンに決めました。

使用するたびに革がいい味に変化していきます。

 

まとめ

f:id:wakuwakusetuyaku:20161203110336j:plain

阿部ダイキさんとお話をさせていただいて、創作者の阿部さんもミニマリストなんじゃないかなと推測されました。

 

阿部さんのビジネスも一人でまわされているとのことで、仕事のスタイルにもミニマリストさを感じさせます。

 

財布を使用してみてわかったことは、

 

「物理的にモノが入るスペースが少ないと、財布には物がたまらなくなる」

 

という、当たり前であるからこそ、気づかなかったことを感じさせられました。

 

ミニマリストの方は、この財布を使用してみることをお勧めします。

 

 

 Beahouse(ベアハウス)様のサイト

 Beahouse(ベアハウス)は文具クリエイター阿部ダイキさんがつくった一人文具メーカーです。

www.bea-house.com

 

 

「フルトキーデル」(Fulltokeydell)動画とサイト

www.youtube.com

 

↓ 公式サイトです。

ThinkAism−シンカイズム− すべてのモノを真化させる新しいグッズレーベル

 

 

以上です。読んでいただきありがとうございました。 

www.muji-nobita.com

www.muji-nobita.com

www.muji-nobita.com