読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマリストのび太の無印良品大好きブログ

「ミニマリズム」「無印良品」「低コストの生活」を、『楽しく』『分かりやすく』をモットーにするブログ

スポンサーリンク


【好きなことが見つからないあなた】必読の本

「自分好きなことを仕事にしたい」

「自分の好きなことが分からない」

「今の仕事に行き詰まっている」

 

そんな人に苫米地英人氏の

「頭のゴミ」を捨てれば、脳は一瞬で目覚める!

という本をぜひ読んでいただきたいです。

 

やりたいことを見つけるヒント」をもらったのでお伝えします。

f:id:wakuwakusetuyaku:20160719190202j:image

「頭のゴミ」を捨てれば、脳は一瞬で目覚める!を読んで、目から鱗がぽろぽろと落ちまくりました。

 

鳥肌がたちました。
 
「そうだったのか!」って。
 
 
最近のび太は「自分の好きなことを仕事にしたい!」と切に思うようになってきました。
 
ブログにその可能性を感じています。
 
自分の好きなことを書き出して、定期的見るようにしています。

f:id:wakuwakusetuyaku:20160714215110j:image
 

 

 
 
 自分の好きなことを見つけたいけど、わからないという方へ。
 
苫米地氏の「頭のゴミ」を捨てれば、脳は一瞬で目覚める!より、下記の文章を読んでみてください。
 

「自分探し」の人たちの自問の世界には、自分しかいない

「やりたいことが分からない」「自分が本気になれそうなことが見つからない」と言う人がいます。

 

なぜ、やりたいこと、自分が本気になれることが見つからないのか。

 

その理由をズバリ言うと、「自分中心に考えているから」です。

 

「自分は何をやりたいんだろう?」

「自分は何を本気で好きなんだろう?」 

 

いわゆる「自分探し」の人たちの自問の世界には、自分しかいません。

 

他人がいないのです。

 

「やりたいこと」を探す人たちは、幸福感のようなものを求めて「本気になれるもの」を探しているのでしょう。

 

しかし、くり返して言うように、人間の幸福とは自分だけのものではありません

 

他人が幸福になってこそ自分の幸福なのです

 

それなのに、「自分は何をやりたいんだろう?」と自分だけの世界で自問していては、本気になれるものが見つかるはずがないのです。

 

「やりたいことが分からない」と言う人に、私はこんな視点をおすすめします。

 

自分が何をすれば他人が喜ぶだろう?」という視点で考えるのです。

 

実は、それが「やりたいこと」を見つける近道なのです。

 

 自分が本気になれるものが分からない人でも、自分がしたことで他人が喜んだという経験はあるはずです。

 

どうすれば他人が喜んでくれるのかが大切

f:id:wakuwakusetuyaku:20160712170130j:image
ボクは 自分の好きなことを仕事にしたいと思っていました。
 
そうじゃないと気づきました。
 
「ぼくがやりたいこと」じゃなくて、
 
ボクがどうやったら、あなたのために役にたつのか」を考えればいい。
 
今までに、ボクが役に立ってきたことはなんだろう?」考えると、いまボクに何ができるのかが見えくる。
 
 身近な人が幸せになることを考えればいい
 
それは、ほんの小さなことでいいのである
 
役に立つことを考えて、行動する
 
当たり前すぎますか?
 
でも、そうすれば、自分の好きなことが見つかっていくのだと確信できたのである
 
 

例えばボクが具体的に役に立てること

 

  • 役に立つ知識をブログで伝えたい
  • 僕の周りにはパソコンの知識がない人が多いので教えてあげたい
  • たくさんの人を笑わせたい
 
それを今までもやってきた。
そして喜ばれたこともあった。 
 
その気持ちを多くの人に伝えれば、多くの人の役に立てるのである
 
それをやればいい。
 
ボクは誰かの役に立てるのだ。
 
簡単に誰かの役に立てるのが分かったのである。
 
あなたにもっと「自由に好きなことをやって欲しい!」そんな切なる思いから、書いています。
 
苫米地英人氏の本、マジでオススメです。
 
その伝えたい気持ちが大事!
 
この熱意が役に立てるということなんです。
 
熱意を少しずつ大きくしていけばいい。
 
 

ぼくは自分のことしか考えていなかった

まずは小さいことでも人の役に立てるように行動していく。
 
どうやったら多くの人が幸せになれるのかを考えていけば、お金が付いてくるのだと分かった。
 
多くの人に役に立つ情報を伝えられるのがブログである
 
このブログであなたに対して少しでも役に立ちたい
 
そんな気持ちが自然と湧き上がってきた。
 
それが、ブログの収入にもつながるし、自分のやりたいことを見つける近道なのである。
 
本来のブログの目的を忘れていた。
 
その、原点を忘れてはならない。
 
アドラーも言っている。
 
人は「わたしは共同体にとって有益なのだ」と思えたときにこそ、自らの価値を実感できる。これがアドラー心理学の答えになります。
『 嫌われる勇気』より
 
 

どうせ死なないんだから、やりたいようにやればいい 

 
現代の日本において、本当に餓死の恐怖があるのかといえば、明らかにそれはありません。
 
ちゃんと考えてみれば、現代の日本において「食えなくなる」「餓死する」ことを恐れる必要などないことが分かります。
 
 
この文章をよむと
 
俺は今まで何を恐れていたんだろう」と。
 
会社を辞めても死にはしない
 
そう思うと気が楽になりませんか。
 
会社なんて辞めてやるよ!
 
そんな開き直りをしてから、顔色を伺ってビクビクしていたボクが、上司にも自分の意見が言えるようになったんです
 
最近自分のことを、檻の中で餌をもらって生きている動物のようだなと思うようになってきました。
 
傷ついても、苦労してもいいから、檻の中から出たい。
 
このブログ。自分の力で稼いだ。
 
広告収入で先月は「諭吉さん一枚」の収入があった。
 
「自分の力で稼いだ!」
 
この小さな一歩は、非常に大きい意味を持つ。
 

 まとめ 

f:id:wakuwakusetuyaku:20160703062502j:plain

 
本当に大事なことが書いてあって、それを皆さんにも伝えたかった。
 
苫米地さんの「頭のゴミ」を捨てれば、脳は一瞬で目覚める! を紹介しました。
 
本当は難しい内容なのですが、小学生でも分かるように伝えてくれてくれています。
 
マジおすすめ。
 
2016年7月現在、アマゾンの本の多くがポイント20%還元なっています。
  
情熱を持てることを書けば、必ずあなたに届くはず。役に立てるはず。
 
その気持ちを忘れない為にも、繰り返し繰り返し読んでいきたい。
 
あなたにも自分の本当にやりたいことを目指して、進んでほしい。
 
1回ノートに好きなこと書き出してみて下さい
 
ボクも進みます。
 
あなたが身近な人に対して役に立てることを考えてみて下さい。
 
小さなことから始めてみて下さい。
 
以上です。
 


  

↓ この本も夢を叶える大事なことを、わかりやすい例えで伝えてくれる。

なぜあなたの夢が叶わないのかも、これを読めばわかる。

アマゾンの評価が、一番いいのもうなずける。