読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマリストのび太の無印良品大好きブログ

「ミニマリズム」「無印良品」「低コストの生活」を、『楽しく』『分かりやすく』をモットーにするブログ

スポンサーリンク


【結婚式カタログギフト】ミニマリストにとっては時間どろぼう

私の考え、思ったこと ミニマリズム

先日友達の結婚式にいきました。

 

結婚式で頂いたカタログギフトについて感じたことを書きます。

 

カタログギフトとは

f:id:wakuwakusetuyaku:20160718172717j:plain

結婚式に行くと、↑上記のような分厚い冊子をもらえます。

 

結婚式が終わった後、家に帰って、大量のアイテムの中から、自分の欲しいものを選びます。

 

約2週間後に選んだ商品が届くシステム。

 

 

カタログギフトは時間どろぼう

欲しいものを無理矢理に探しだすのはいかがなものかと思う。

 

欲しいものを無理矢理に探している時間がもったいない。

 

そういう選んでいる時間が好きという人であればいい。

 

優柔不断なのび太の場合、あの膨大なアイテムの中から選んでいる時間は2時間くらいになる。

 

 

時間どろぼうの解決策

f:id:wakuwakusetuyaku:20160718172741j:image

その時間どろぼうへの解決策は、食べ物に決めてしまうことだ。

 

米などの必需品にしてしまうことだ。

 

我が家では、お米はなぜか彼女の実家から頂けるので、魚に決めました。

 

食べ物でさえも無理矢理に選ぶものではない。

 

カタログギフトにはそういう負の側面がある。

 

まあ欲しくないモノをもらうよりはカタログギフトのほうが数倍良いとは思うが……。

 

 

青森に住んでいる、いとこの結婚式では

会費制でそういう贈り物ギフトはなく、ご祝儀もない。

 

会費を払うだけで良いのだ。

 

そういう結婚式がいい。

 

友達の結婚式を否定しているのではないけど、そういう結婚式でいいと思うんですよね。

 

会費もカタログギフトなど、贈り物がない分安いですし。

 

ブライダル業界……

www.money-motto.com

↑ これを見てしまうとブライダル業界がどういうものなのかわかる。

モッティーさんのブログは分かりやすい。

ボクがブログを始めようと思った、きっかけになったブログです。

 

無理矢理に欲しいものを探しだす必要はない

欲しいものは無理矢理に探すものではない。

 

ミニマリストにとっては、膨大な微妙なアイテムの中から、選ぶのは苦痛である。

 

最高に好きなものを、買いたいときに買えば良いのである。

 

以前カタログギフトを頂いたとき、本当に悩んだ。

 

結局、妥協してドライヤーを選んだ事もあった。

 

ベルトを選んだ事もあった。

 

今考えると、無印良品のドライヤーを買えばよかった……

 

無印良品のベルトを買えばよかった……

 

まとめ

f:id:wakuwakusetuyaku:20160722100555j:image

そんなわけで、カタログギフトは時間どろぼうなのだ。

 

欲しいものは、欲しい時に買いたい。

 

欲しいものを無理矢理に選ばされるというのはどうなのか?

 

カタログギフトなんていらないから、会費制にしてほしいと願う、のび太なのでした。

 

モモの「時間どろぼう」ミヒャエル・エンデつながりで。

下記2冊は、私も最近Kindleで購入しました。

資本主義経済に疑念抱いている方にオススメです。