読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマリストのび太の無印良品大好きブログ

「ミニマリズム」「無印良品」「低コストの生活」を、『楽しく』『分かりやすく』をモットーにするブログ

スポンサーリンク


ミニマリストのび太がお金が貯められるようになった理由

お金 節約 お得 コツ ミニマリズム

社会人1年目の僕とお金

f:id:wakuwakusetuyaku:20160602055507j:image

社会人1年目は、まったくお金が貯まらなかった。

 
社会人になったばかりは、お金を貯金する習慣がまったくなかった。
 
いま考えると、「俺なにやってんだ」という感じ。
 
「金ためろ!」と、当時の自分に言ってあげたい。
 
社会人になる前は、アイ○ルでお金を借りたこともある。
 
昔の僕は、お金にルーズだった。
 
社会人1年目は、「家賃全額」を会社が出してくれていた。
 
そして、いまより給与が多かったのに、なぜかお金が貯まらなかった
 
残業ばかりだから、残業代も貰えた。
 
まあ、残業した分、全額残業代が出ないという会社だったけど。
 
そこそこ給料はあった
 
何にお金使ってたんだろう
 
本当に不思議だ。
 
その会社は2年で辞めた
 

 

 

社会人1年目はワンルームに住んでいた

f:id:wakuwakusetuyaku:20160602065738j:image
このころ買った無印良品がいまでも、残っている。
 
さすが無印良品。
 
テレビを当時はもっていた。
 
当時も物はそんなに多くないと思う。
 
収納場所が少なかったから、物もそんなには多くなかった。
 
ただ、今よりはだいぶ物が多かったとは思う。
 
何にお金を使っていたのか?
 
不思議だ。
 
自炊はほとんどしていなかった。
 
だから、お金は外食費に消えていった。
 
好きなものは好きなだけ、買いたいものは買いたいだけ買っていた
 
 

借金を返さずに投資をしていた

f:id:wakuwakusetuyaku:20160602212628j:image
大学へ行くために奨学金を借りていた。
 
4年間で300万円という借金ができた。
 
奨学金という借金
 
金利は安いものの、常に借金に付きまとわれている感覚があった
 
借金は少しずつ返済して、貯金していた。
 
最近になって、一気に貯金から奨学金を返したのだ。
 
これほどスッキリするとは、思わなかった。
 
繰り上げでもっと早く奨学金を、返しておくべきだった。
 
奨学金を繰り上げで返さず、投資とかやってましたからね
 
現在、投資に回しているお金は、確定拠出年金のみです。
 
毎月23,000円年金で積み立てしている。
 
毎年、一定の税金が還付されます。
 
 

ミニマリストになってお金が貯まるようになった理由

f:id:wakuwakusetuyaku:20160602212715j:image
ミニマリストになって、なぜお金が貯まるようになったのか?
 
それは、家計が見えるようになったから。
 
何にお金を使っているのか、わかるようになってきたのです。
 
ミニマルになったから、いくらあれば生きていけるかわかるようになった
 
消費を減らしたら、お金の流れが見えるようになった
 
消費が少ないから家計簿が楽になった
 
 

徹底的に固定費を見直した

f:id:wakuwakusetuyaku:20160602212812j:image
固定費見直すと、自然にお金が貯まるようになります。
 
  • 通信費
  • 家賃
  • 車は持たない
徹底的に上記3つは意識した
 
固定費の削減に一番に力を入れるとお金が貯まるようになる
 
いま、欲しいものもあまりない
 
買いたいものは買える
 
でも物にお金使うのではなく、体験にお金を使っていきたい
 
 

ミニマリストになって生活を小さくしよう

f:id:wakuwakusetuyaku:20160602213236j:image
ブログで生活費を小さくするという記事が多くでてくるようになった。
 
そんな記事が好きだった
 
「給料少なくてもいい。好きなこと沢山しよう」
 
僕は、そんなスローガンに共感したんです。
 
だから、本格的にミニマリストになりたいと思った
 
ミニマリストを目指していると、消費が少なくなる。
 
自然とお金が貯まりだしたのです。
 
少ない出費だから、少ない給料でも生きていける
 
最悪、会社をやめても生きていける。
 
ぼくが、いろいろなブログを見て共感したのが、その部分なのだ。
 
みなさんも、いまの過剰な消費生活を見直してみませんか??
 
ミニマリズムを読むのに、やっぱこの本は面白い
紙の本で買って、売ってキンドルで買いなおした。
 
 
以上です。