読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマリストのび太の無印良品大好きブログ

「ミニマリズム」「無印良品」「低コストの生活」を、『楽しく』『分かりやすく』をモットーにするブログ

スポンサーリンク


【漫画】自給自足したいミニマリスト必見 マジ面白い本の紹介!

ミニマリズム

人間に本当に必要なものは少ない

 
ミニマリストは一回はよんでおきたい本です
 
「いちばん面白い漫画は???」
 
と聞かれたら、マイナーだけどこの「サバイバル」を答えるだろう
 
サバイバルをしらない人には「カイジ」とか、知っていそうな漫画を答えていたが・・・
 
そんなサバイバルという漫画を紹介します
 

学びがある漫画

f:id:wakuwakusetuyaku:20160506114342j:image
さいとうたかを先生の漫画
 
ゴルゴ13より、このサバイバルのほうが、15倍はおもしろい。
 
主人公、サトルが大地震によって、島に取り残され、どうやって生き延びていくかというストーリーである。
 
天災に脆い現代人が、まさにどうやってサバイバルしていくかということを教えてくれる

 

主人公の少年によって、学ばせてくれる。
 
生き延びていくにあたり、少年は失敗の連続であるが、その失敗がこちらにも学びをもたらしてくれる。
 

現代のものの多さを考えさせてくれる


f:id:wakuwakusetuyaku:20160506114523j:image
生きるのに本当にそんなにものがたくさん必要なのか?
 
この本を読みながら、自分に問いかけて欲しい
 
生きていくのに不必要なものをたくさん持ってはいやしないかと
 
この本を読んでいると、生きていくのにそんなに物が必要もないと感じさせられる

f:id:wakuwakusetuyaku:20160506152230j:image
 
物が多すぎるから、その物にたいして愛着を感じられないのだ
 
毎日毎日使っている、本当に必要なものが、あなたの本当に持つべき物なのだ
 
それ以外のものは、本当に持つべきなのか考えてみる必要がある
 
 

大地震があったとき自分がどう行動するか考えておくのが大事


f:id:wakuwakusetuyaku:20160506145543j:image
現代人がこの漫画のようなサバイバルをして生きていくことは、稀であろう
 
こんな、極限状況に陥ることはめったにないであろう
 
しかも、今読んでおいても実践でいかせるかどうかはわからない
 
しかし、今回の熊本の地震があったので、身近な問題になってきたはずだ
 
私は、この熊本の地震があってから、再度よんでおきたいと思った
 
読んでいないよりは、読んでいたほうが、いざというときに役にたつというものだと信じたい
 
自分が大地震に遭遇したときを想定して、自分がどんな行動をとろうか想像しながら読んで欲しい。


f:id:wakuwakusetuyaku:20160506145447j:image
 
この漫画は、ただ面白いだけの漫画とは違う
 
現代の脆さを提言している
 
そんな現代人が、知らなければいけない、危機感をなげかけているのである
 
ライフラインが停止してしまったときに、ほとほと困ってしまうことはわかりきっている。
 
そんなとき、このサバイバルをよんでおけば役にたつはず
 
それを、漫画という媒体を通して、楽しみながら学べるのがこの本の醍醐味である
 

最後に

f:id:wakuwakusetuyaku:20160506114200j:image

f:id:wakuwakusetuyaku:20160506145510j:image
わたしは浦沢直樹先生の「Happy」というテニス漫画を読み終わったら、「サバイバル」をKindleで買って、再度読もうと思っていた。
 
サバイバルも何回か買っていて、買っては売って、読んでは売ってということを繰り返していた。
 
しかしKindleといういいものが出てきた。
 
そして、今Kindle本がすべて、20%ポイント還元をやっている
 
全巻、Kindleでサバイバルを買ってしまった
 
いつこのセールが終わるかわからないから、是非ともいまのうちに一巻だけでも買って読んでみてください