ミニマリストのび太の無印良品大好きブログ

すべてを無印良品へ。ミニマリストなMUJIマスター。

キンドル(Kindle)音声読み上げアプリ(音読朗読)が秀逸【Androidアンドロイドやり方】

f:id:wakuwakusetuyaku:20170414185636j:plain

今回は、Kindle本を音声読み聞かせしてくれるAndroid(アンドロイド)のアプリTalkBack(トークバック)の使用方法をご紹介します。

 

アンドロイド端末での使用方法です。

iPhoneも読み聞かせ機能がありますが、こちらでは書いていませんので、Googleで再度検索してみてください。

 

読み聞かせアプリは、ガチでおすすめ!!!!

 

 

【目次】

 

 Kindleの音読はこんな人におすすめ

  1. 歩きながら、本を読みたい。」
  2. 車の運転をながら、本を読みたい。」
  3. 家事をしながら、本を読みたい。」
  4. 「お風呂の中で本が読みたい。」
  5. 「聴いて勉強がしたい。」

 

そう感じている方へ!

Kindle音声読み上げができるアプリ「トークバック」を絶対に使ってください‼

 

本好きな僕は、スマホのKindleアプリで本を読みたくなります。

 

「読みたいけど、目が疲れて読めない……。」

「でも本読みてぇーーーー!」

 

そんな時、Kindleの本を読み聞かせてくれる機能があったらいいと、思いませんか??

 

AndroidのTalkback(トークバック)アプリ使ってください。

 

Talkback(トークバック)機能を使うと、 kindle本の音読(朗読)をしてくれます。 

IPパスポートの勉強も、参考書(Kindle)の音声読み上げでやりましたよ。

 

寝る前の スマホの光は 睡眠に とても大きな害をもたらすことが分かっています。

 

睡眠を浅くしてしまうのです。

でもこの読み上げ機能により、睡眠の質を下げてしまうことがなくなります

 

【動画】手っ取り早く、操作方法を知りたい方はどうぞ↓

www.youtube.com

 

↓【読み上げ速度の変更】Kindle音声読み上げ 

www.youtube.com

 

 AmazonのAudible(オーディブル)朗読サービスの徹底解明はこちら

wakuwakusetuyaku.hatenadiary.jp

 

音声読み上げ「8つ」のメリット

f:id:wakuwakusetuyaku:20170226081725j:plain

  1. たくさんの本を読むことができる
  2. 目が疲れたとき、本が聞ける
  3. 満員電車でも読書ができる
  4. 歩きながら読書ができる
  5. 車を運転しながら読書ができる
  6. ラジオみたいに気軽に聞ける
  7. Kindleを聞きながら寝られる
  8. お風呂場でも、本が聴ける

 

音声でビジネス書を読むと人生が変わります

本を読んでない人と本をコツコツと読んでいる人。

 

その差は大きく変わってきます。

 

本を聴くというのは、読むよりも繰り返し行いやすい行為です。

同じ本を5回聴くということは、私にとって当たり前です。

同じ本を5回読むとなると、なかなか厳しいのではないでしょうか。

 

本は一回読んだだけでは、身につきません。

繰り返し読むことによって、潜在意識に定着するのです。

 

何回も読むにあたって、本の場合、本が捨てられないので邪魔になってしまいます。

kindleであればスマホに格納されますので、物理的に本が残らないのもいいところです。

 

運転をしながら聞いています。

つまらないラジオを聞くよりも120倍いいと思うのですが……。

ラジオは全く聞かかなくなりました。

広告も入りますし。

知りたい情報を得られるものでもありません。

 

それに比べ本であれば、自分が知りたい情報を得られます

知りたい本をkindleで買って、読み聞かせしてもらえばいいのです。

 あ

スマホアプリのTalkback(トークバック)とは?

Talkback(トークバック)は、スマホの動作をすべて音声案内する機能のアプリです。

 

たとえば、

  • 画面が消えるとき
  • 充電が開始されるとき
  • アプリの操作を選んだとき

 

すべてのスマホの動作に対して、音声で案内します。

 

いわゆる、耳が不自由な人のためのアプリなのです。

なので操作が難しい。慣れるまで、本当に難しい。

 

さて、アプリのインストールと操作方法のご説明をしていきます。

※すでにインストールされていることのほうが多いかもしれません。

 

TalkBackを使った、Kindle音声読み上げの具体的なやり方

具体的に画像で5つのステップで、操作方法をご説明していきます。

  • ステップ1→TalkbackアプリKindleアプリのインストール
  • ステップ2→Talkbackモードの起動方法
  • ステップ3→Talkback、3つの基本操作を覚えよう
  • ステップ4→Kindleアプリでの「音声読み上げ」のやり方
  • ステップ5→読み上げ「速度」の変更方法

 

【ステップ1】 Talkback(トークバック)アプリとKindleアプリのインストール

スマホをタッチする手

まずは、PlayストアでTalkback(トークバック)というアプリをインストールします。

僕の場合はNexus5なので、最初から入っていました。 

目が不自由な方のアプリです。

 

↓ Amazonより、Kindleのアプリもインストールしましょう。

 

http://amzn.to/2ihQcld

 

Kindleで読み上げしてほしい好きな本も、購入しておいてくださいね。

 

注意!

Kindleの購入画面に、下記のような表示があった場合は、読み上げができないことがあります!

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。
また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。
お使いの端末で無料サンプルをお試しいただいた上でのご購入をお願いいたします。

 

必ず、サンプルを購入して、読み上げができることを確認してから、本購入しましょう。 

 

↓ 例えばこの本なんかは、読み上げできませんのでご注意下さい。だから、わたしは紙の本で購入しました。

 

 

【ステップ2】Talkback(トークバック)モードの起動方法

※外で使用するときは必ずイヤホンをしましょう。

スマホが話し出しますのご注意を!

 

【1】 Androidの「設定」をタップ↓

f:id:wakuwakusetuyaku:20161120193347p:plain

ーーーーーーーー

 

 【2】「ユーザー補助」をタップ ↓

f:id:wakuwakusetuyaku:20160719212820j:plain

ーーーーーーーーー

 

 

【3】一番上の「TalkBack」タップ ↓

f:id:wakuwakusetuyaku:20160719212818j:plain

ーーーーーーーー

 

 

 【4】OFFをタップ↓

f:id:wakuwakusetuyaku:20160719212825j:plain

ーーーーーーーーーー

 

 

 【5】「OK」をタップ ↓

f:id:wakuwakusetuyaku:20160719212814j:plain

ーーーーーーー

 

 

これでTalkback(トークバック)のモードにはいりました。

すべてのスマホの操作が、音声案内されます。

Talkback(トークバック)のモードに入ったら、Kindleアプリを立ち上げて音読開始できます。 

 

【ステップ3】 Talkback(トークバック) 3つの基本操作を覚えよう

Talkback(トークバック)は操作方法が難しい

一番のネックといってもいい。

しかし、基本操作を3つ覚えれば操作できます。

 

基本操作【1】 操作したい項目を選ぶ

操作したい項目をまずは、タップで選択する。

(タップしただけでは、アプリの操作が実行されないのが大きな違いです。)

あくまで、どのアプリを実行するのか「選択するためだけの操作です

 

タップすると選択されます↓

f:id:wakuwakusetuyaku:20150608212711p:plain   

 (右下のように緑色の四角で表示)

 

基本操作【2】 ダブルタップで「決定」
  1. の四角で選択したい項目を選ぶ
  2. の四角をダブルタップ決定。実行されます。

 

基本操作【3】 スワイプ作業は2本指でやる

TalkBack(トークバック)でのスワイプ(次の画面に移る操作)2本指でおこないます。

通常時のスワイプ(次の画面に移る操作)は1本の指で行いますよね。

 

この3つだけ操作できます。

 

まずはこれだけ覚えれば、無問題。

 この3つの武器で、Talkback(トークバック)を操作してみましょう!

 

Talkbackは習うより、慣れろです。(無責任w)

 動画で見たほうが、手っ取り早いです。

www.youtube.com

 

 

【ステップ4】 Kindleアプリ「音声読み上げ」のやり方

f:id:wakuwakusetuyaku:20150609220545p:plain

 

  1. トークバックモードに入ります【ステップ2のやり方】
  2. Kindleアプリ選択して立ち上げます【ステップ3のやり方】
  3. Kindleで読みたい本を選び、決定します。
  4. 読みたい文章のページでダブルタップ2回します
  5. 音声読み上げ開始してくれます。
  6. 読み上げ中、ダブルタップを1回すると、停止されます

 

あとは勝手に読み進めてくれます。

 

 

  

文章で説明しても、わかりにくい。

本当に「習うより慣れろ」です。

 

↓ 動画を見たほうが、手っ取り早いです。

www.youtube.com

 

読み上げが始まったら、電源ボタンを押して画面OFFにすることをおすすめします。

ポケットでの誤操作を防ぎましょう。

画面OFF時(音声読み上げ中)は、電源ボタンを素早く2回押すこと によって読み上げを停止できます。

 

※わたしはNexus5というスマホ

を2台持っています。

アップデートをしているNexus5は「画面OFF」すると読み上げが止まってしまいます。

アップデートをまったくしていない古いNexus5は、画面OFFしても読み上げが止まりません

古いNexus5はアップデートを全くせずに、Kindle読み上げのためだけの端末にしています。

「画面OFF」すると読み上げが止まるのが怖くて、アップデートはしていません。

 

画面OFFでも音量の調整ができます。

スマホの音量ボタンでできます。

 

ただし、LINEなどで着信があった場合は、読み上げが止まってしまいます。

なので、わたしはkindle読み聞かせ専用スマホを持っています。

 

そうすれば、LINEの着信によって、読み聞かせが止まってしまうこともありません。

kindle読み聞かせ専用スマホを持てない方は、LINEの設定で通知OFFにするなど工夫をしてみてください。

 

【ステップ5】読み上げ「速度」の変更方法

動画と画像解説で、読み上げ「速度」の方法を解説しましたよ!

 

【動画】読み上げ「速度」の変更方法

www.youtube.com

 

【画像】読み上げ「速度」の変更方法

↓ 「設定をタップ」

f:id:wakuwakusetuyaku:20161120193347p:plain

 

↓ 「ユーザー補助」

f:id:wakuwakusetuyaku:20160719212820j:plain

 

↓ 「テキストの読み上げの出力」

f:id:wakuwakusetuyaku:20161120192804j:plain

 

↓ 「音声の速度」を選択

f:id:wakuwakusetuyaku:20161120192805j:plain

 

↓ お好みの速度で~

f:id:wakuwakusetuyaku:20161120192806j:plain

この速度変更方法最近知りました!

もっと早く知っていれば……。

一度読んだ本は非常に高速でも聞き取れます。

だいぶ早く本を読めますよ~。

 

朗読の音声は聴きやすい?

「Kindle本の読み聞かせ?どうせ機械的な音声だろ!」

と思われた方もいると思います。

しかし、意外と普通。

 

話しているような、スムーズな発音で読んでくれる。

 

多少、棒読みではあるが秀逸!

発音に違和感があまりないため、スラスラ頭に入ってきます。

 

Talkback(トークバック)は「読み」の間違いも、ほとんどありません

読み方の間違いがあっても、たいていは「どう読み方が間違っているか」がわかります。

 

本は読む時代じゃない。

本は聞く時代です!!

わたしは本を読んでません。

 

本は聞いてばかりいる……

もう読めないかも……

 

耳から情報入れたい人は、音声読み上げを使ってほしい

Talkback(トークバック)機能のことを、みんな知らない。

だからこそ、ぜひ紹介したい。

 

ドラえもんでいうと、タケコプターくらい必須アイテム。

 

ドラクエでいうと薬草くらい必須アイテム。

 

わたしは、この機能がないと生きていけないww。

通勤中、毎日この読み上げ機能を使っています。

耳からいろんな情報を入れたいタイプなのです。 

 

Amazonのオーディブルはあるけど、本が少ないと不満を感じていました。

 

そんな時に、現れた救世主がTalkback(トークバック)でした。

 

たくさんの人に伝えたい!Kindle音声読み上げで、耳から情報を!


現代社会は視覚から情報を得ることがとても多いです。


スマホが出てきたことによって、そうなっています。


だからこそ 聞くことが大事です。


聞くことによって目に負担を与えない。


そんな工夫が大事なのです。


そのためにはオーディオブックが、大きな効果を発揮します。


しかし、日本の文化では、なかなかをオーディオブックがはやりません。


車通勤が長いアメリカなんかは、オーディオブックは一般的です。


本屋さんにも、オーディオブックが普通に置かれているということです。


たくさんの人にオーディオブックを広めたいこれが私の使命であります。

 

マジに1回使ってみて!!

 

Talkback(トークバック)の難点3つ

【1】操作に時間がかかる

慣れるまでは大変。

練習すれば問題なく使えるようになります。

 

【2】音声案内が邪魔になる時がある

電車内とかだと、イヤホンをしていないと音声がまわりの人に聞こえてしまう。

迷惑になってしまう。

 

うっかりイヤホンをはずしてしまうと、大きな音声が流れてしまう。

 

(画面が消えた、音量を上げたなどすべてを音声で案内する)

 

【3】Talkbackのモードの解除が大変

操作が難しいため、Talkback(トークバック)モードの解除が大変です。

 

初めて操作する方は、自宅で操作方法をマスターしてから、公共の場で使用することをおすすめします。

 

もっと簡単な操作でTalkbac機能の解除開始ができればいい。

 

デメリットはあるが、それを上回るほど便利で秀逸すぎる。

だから、ぜひ使ってほしい。

 

※【解決方法】音声読み上げができなくなったとき

Nexus5をアップデートしたところ、音声読み上げ(通し読み)ができなくなりました。

Nexus5を2台持っています。

しかし、1台はあることをしたら直りました。

 

解決方法

  1. スマホをセーフモードで起動する。(※Nexus5のセーフモード起動方法は下記に記載しています)
  2. セーフモード起動後、「設定画面」を開く
  3. 「アプリ」を選択
  4. 右上の「・・・」を選択
  5. 「アプリの設定をリセット」をする 

これで1台直りました。

もう1台は直りませんでした。

 

セーフモード起動方法(Nexus5端末の場合)

※各端末によってセーフモードの起動方法がちがいます。

  1. 電源ボタンを押し続ける
  2. 画面に表示された「電源を切る」長押し。
  3. 「再起動してセーフモードに変更」 が表示。
  4. 「OK」 をタップ

 

googleに問い合わせしたら、この方法を教わりました。

KINDLEに問い合わせをしたら、Talkback(トークバック)アプリの問題だろうと回答がありました。

 

Amazonプライム会員は毎月Kindleオーナーライブラリーで、月に1冊無料で読書がお楽しみいただけます。

しかし、KindleオーナーライブラリーはKindleのスマホアプリには対応していません。

 

 

【画像解説】シーン別いろいろなAmazonKindleの音声読み上げの使い方

シーン別4つの音声読み上げをご紹介しますね。

 

湯船で音声読み上げ

↓ お風呂場でKindleの音声読み上げは至福の時間f:id:wakuwakusetuyaku:20170212142610j:plain

お風呂場で、ぬれないところにスマホ(Nexus5)を置く。

湯船につかり、好きな本を音読してもらう……

想像してしまったあなたも、やってみたくなったでしょう……

 

読む × 音声読み上げ

↓ パソコンに立てかけて音声読み上げしてるときは至福のとき

f:id:wakuwakusetuyaku:20170226081724j:plain

音声読み上げしてもらいながら、文字を読むと、とても読みやすい。

目で文字を追うだけだから、に本が読める!!

試してみてほしい!

 

寝室での音声読み上げ

 ↓  寝る前の kindle 音声読み上げでの至福の時。

f:id:wakuwakusetuyaku:20170305212540j:plain

 

 

寝る前のスマホ画面の光は 睡眠の妨げになります。

寝る前はなるべくスマホの光を見ないようにしましょう。

kindle の朗読を聞きながら安らかに 眠りにつきましょう。

 

わたしは、同じ部屋に寝ている人がいる場合は、イヤホンをしながら kindleの本を聴いて寝ています。

 

車内でKindle音声読み上げ

↓ 運転中は、飲み物入れるところにスマホを置くと、音声が反響して聴きやすい

f:id:wakuwakusetuyaku:20170331135401j:plain

↑ 音声をすぐに中断したい場合は、イヤホンジャックをすぐにさせる状態にしておくと便利です。

音声はイヤホンの中で流れたままです。

イヤホンジャックから、イヤホンを外せばすぐに音声読み上げが流れてきます。

急な電話がかかってきたときに便利です。

 

くれぐれも運転中は操作しないようにお願いします。

 

 

使ってみるとわかるけど、音声読み上げには「読み上げ専用のスマホ」がないと不便になってくる。

 

↓ いろいろ調べたけどNexus5が性能が良すぎてコスパが最高!

 

 

 

10回以上くりかえし「音声読み上げ」して聴いている本

私はかなりこのkindle音声読み上げをして本を読んでいます。
その中でも私が10回以上くりかえして、読んでいる厳選した本をご紹介いたします。
くり返し、くり返し読んで、潜在意識まで浸透させたい。
そんなおすすめの本をご紹介いたします。

 

ブログでビジネスを軌道に乗せるための行動術/やさしいブログが教えてくれたこと 松田 健宏

 

 

 

ブログで集客をしたり、ブログでビジネスをしたい方には、かなりオススメの本です。
副業でアメブロのカスタマイズなどを教えている方です。
とても人気な方で、人気の秘訣を知ることができます。
人に信用してもらえるブログの作り方は、この方が一番といっていいでしょう。
とても丁寧で「やさしいブログ」はとても参考になります。

 

起業1年目の教科書  今井孝

 

 

起業を目指している方、は見ておいたほうがいいと思います。
まさに起業1年目の教科書で、実際に起業家、起業したい方たちを支援してきた、今井さん。

マインド的なものだったり、実際的な行動のノウハウだったりを分かりやすく教えてくれます。

起業の本はとても難しくて読みづらいものが多いのですが、とても分かりやすく教えてくれています。

ところどころで、でてくるたとえが秀逸。

わかりやすさを加速させてくれます。

 

あなたの会社が90日で儲かる!(感情マーケティングでお客をつかむ) 神田昌典

 

 

  • 実際にビジネスをされている方
  • これからビジネスをされたい方

にオススメ。

売り込まない。
そんな販売の方法が目からウロコでした。
マーケティングのプロだからこそ教えられる、実践的なノウハウが書かれています。
何回も何回もくり返して読んで、自分の身につけていきたい。
会社で営業をされている方も、このノウハウを知ることによってだいぶ助けられるのではないかなと思います。

 

沢雉精神 石井 裕之

 

 

この本は私が一番くりかえしくりかえし、読んでいる本です。
一番初めにkindleで本を購入したものでもあります。
この本を購入するために、kindleを購入しました。

自分一人で勝負してやる。
そんなやる気を持たせてくれます。


誰かにぶら下がるのではなく、自分で勝負して生きていく。
そんな強さを与えてくれます。

その人のあり方を常に問われる本なので、心が痛いのですが、いつも原点に戻らせてくれます。

何か迷った時はいつもこの本に戻って、勇気をもらいたいと思います。

 

 

以上です 。

 

オーディオブックのAmazonオーディブルも使っています。テレビを見るくらいなら、オーディブルで本を聴きます。↓↓

wakuwakusetuyaku.hatenadiary.jp

 

↓ Kindle UnlimitedでKindle本が読み放題ですよ。めっちゃKindle読み上げさせて、聴いてます。

www.muji-nobita.com

www.muji-nobita.com

www.muji-nobita.com

www.muji-nobita.com