読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマリストのび太の無印良品大好きブログ

「ミニマリズム」「無印良品」「低コストの生活」を、『楽しく』『分かりやすく』をモットーにするブログ

スポンサーリンク


キンドル(Kindle)を音読、読み上げ機能アプリが秀逸すぎる。

お金 節約 お得 コツ

f:id:wakuwakusetuyaku:20161120192949j:plain

今回は、Kindle本を読み聞かせしてくれるスマホアプリの使用方法をご紹介します。

 

アンドロイド端末での使用方法になります。

 

iPhoneも読み聞かせ機能がありますが、こちらでは書いていませんので、Googleで再度検索してみてください。

 

読み聞かせアプリは、ガチでおすすめ!!!!

気合いれて書きました!

 

 

 Kindleの音読はこんな人におすすめ

「歩きながら、本を読みたい」

「運転しながら、本を読みたい」

「移動中に、本を読みたい」

「本読むのだりぃぃ」

 

 そう思ってるかた、絶対この記事読んで下さい‼

 

本好きな僕は、Kindleで本を読みたくなります。

でも目が疲れたぁぁっぁぁ。

でも本読みてぇ!

そんな時、本を読み聞かせてくれる機能があったらいいと、思いませんか??

 

それがAndroidアプリのTalkback機能です。

 

Talkbak機能を使うと、 kindleの本音読してくれます。

 

動画説明はこちら↓

wakuwakusetuyaku.hatenadiary.jp

 

 AmazonのAudible(オーディブル)朗読サービスの徹底解明はこちら

wakuwakusetuyaku.hatenadiary.jp

 

朗読の音声は聴きやすい?

「KINDLEの本を読み聞かせ?どうせ機械的な音声だろ!」

と思われた方もいると思います。

しかし、意外と普通。

話しているような、スムーズな発音で読んでくれる。

多少棒読みではあるが。

まじ秀逸!

発音に違和感があまりないため、スラスラ頭に入ってきます。

 

本は読む時代じゃない。

本は聞く時代です!!

ボクは本読んでません。

本は聞いてばかりいる。

 

耳から情報入れたい人は必須

Talkback機能のことを、みんな知らない。

だからこそ、ぜひ紹介したい。

 

ドラえもんでいうと、タケコプターくらい必須アイテム。

 

ドラクエでいうと薬草くらい必須アイテム。

 

もう僕は、この機能がないと生きていけないww。

私は通勤中、毎日この読み上げ機能を使っています。

僕は耳からいろんな情報を入れたいタイプ。 

Amazonのオーディブルはあるけど、本が少ない。

そんな時に、現れた救世主がTalkbackでした。

 

TalkBackは「読み」の間違いも、ほとんどなく優秀です。

読み方に間違いがあっても、たいていはどうやって間違っているか判断できる。

 

マジに一回使ってみて!!

ということで、TalkBackのメリットを7つ、次にまとめてみました。

 

Talkback(Kindleの本を読み上げてくれる)の7つのメリット

 

①本を飛躍的にたくさん読むことができる

②目が疲れたとき、本が聞ける

③電車で混んでいても読書(聞くこと)ができる。

④歩きながら読書(聞くこと)ができる。

⑤車を運転しなが読書(聞くこと)ができる。

⑥ラジオみたいに気軽に聞ける

⑦Kindleを聞きながら寝れる。

 

Talkbak機能 = スマホの動作をすべて音声案内

 

たとえば、

 

  • 画面が消えるとき
  • 充電が開始されるとき

 

何をするにも、音声で案内してくれます。

 

いわゆる、耳が不自由な人のためのアプリなのです。

なので操作が難しいです。慣れるまで、難しい。

 

Kindle朗読 。どうやって使うか紹介します。まずはTalkbackアプリをインストールします

スマホをタッチする手

まずはPlayストアでTalkbackというアプリをインストールします。

 

僕の場合はNexus5なので、最初から入っていました。 

 

Talkbackモードを起動する方法を説明します

※外で使用する方はイヤホンをしましょう。

 

① Androidの「設定」をタップ

f:id:wakuwakusetuyaku:20161120193347p:plain

 

 

 ②「ユーザー補助」をタップ

f:id:wakuwakusetuyaku:20160719212820j:plain

 

 

③一番上の「TalkBack」タップ

f:id:wakuwakusetuyaku:20160719212818j:plain

 

 ④OFFをタップ

f:id:wakuwakusetuyaku:20160719212825j:plain

 

 ⑤「OK」をタップ

f:id:wakuwakusetuyaku:20160719212814j:plain

 

これでTalkbackのモードにはいりました。

すべてのスマホ操作が、すべて音声案内で流れるようになります。

Talkbackのモードに入ったら、Kindleアプリを立ち上げて音読開始できます。 

 

③Talkbackの操作方法

操作方法が難しい。

 

操作方法がTalkbackの一番ネック。

分かりにくいところ。

 

基本の2つを押さえましょう。

 

2つ以上操作はありますが、二つさえ覚えればなんとかなります。

 

基本① 操作したい項目を選ぶ

操作したい項目をまずは、タップで選択する。

選択すると選択した箇所が緑色の四角で囲まれます。

(画像右下の「最近ボタン」のように緑色の四角で表示)

 

f:id:wakuwakusetuyaku:20150608212711p:plain   

 

 

基本② ダブルタップで決定する

(緑の四角で囲まれた「最近ボタン」を決定する)

 

 

  1. タップで緑の四角で囲む
  2. ダブルタップで決定する

 

これが基本です。

 

この二つだけ操作できます。

この二つの操作を繰り返して、操作していきます。

 

たとえば、Kindleアプリを選んで(緑の枠で囲まれる)、ダブルタップで決定する。

 

まずはこれだけ覚えれば、無問題。

 

Talkbackは習うより、慣れろです。(無責任w)

この二つの武器で、Talkbackを操作してみましょう!

 

補足 スワイプ作業は2本指でやる。これも時々使うため、覚えておいてください。

 

③Kindleアプリの使い方

f:id:wakuwakusetuyaku:20150609220545p:plain

Kindleアプリを立ち上げて、読みたい文章の部分で

 

ダブルタップを2回

 

すると音声読み上げ開始してくれます。

 

あとは勝手に読み進めてくれます。

 

中継点などの表示が出ている画面で、文章をダブルタップしてください。

そうしないと、読み上げてくれません。

 

文章で説明しても、わかりにくい。

本当に「習うより慣れろ」です。

 

読み上げが始まったら、電源ボタンを押して画面OFFにすることをおすすめします。

 

ポケットでの誤操作を防げます。

(※新しいTalkbackのバージョンだと、画面OFFすると読み上げが止まってしまいます。)

 

画面OFFでも音量の調整は、スマホの音量ボタンでできます。

 

ただし、LINEなどで着信があった場合は、読み上げが止まってしまいます。

そこが不便。

 

なので ボクはkindle 読み聞かせ専用スマホ端末を持っています。

そうすれば読み聞かせが止まってしまうこともありません。

 

LINEの設定で通知OFFにするなど工夫を。

 

読み上げ速度の変更方法

↓ 「設定をタップ」

f:id:wakuwakusetuyaku:20161120193347p:plain

 

↓ 「ユーザー補助」

f:id:wakuwakusetuyaku:20160719212820j:plain

 

↓ 「テキストの読み上げの出力」

f:id:wakuwakusetuyaku:20161120192804j:plain

 

↓ 「音声の速度」

f:id:wakuwakusetuyaku:20161120192805j:plain

 

↓ お好みの速度で~

f:id:wakuwakusetuyaku:20161120192806j:plain

この速度変更方法最近知りました!

もっと早く知っていればと感じました。

一度読んだ本は非常に高速でも聞き取れます。

だいぶ早く本を読めるようになります。

 

 

最後にTalkbackの面倒な部分3つを知っておこう

①操作が相当にめんどくさい。

慣れるまでは大変。

 

②音声案内が邪魔になる時がある。

電車内とかだと、イヤホンをしていないと音声がまわりの人に聞こえてしまう。

迷惑になってしまう。

 

うっかりイヤホンをはずしてしまうと、大きな音声が流れてしまう。

 

(画面が消えた、音量を上げたなどすべてを音声で案内する)

 

③Talkbackのモードの解除が面倒くさい。

操作が難しいため、Talkbackのモードの解除まで到着するのが大変です。

 

初めて操作する方は家で、操作方法をマスターしてから、公共の場で使用することをおすすめします。

 

もっと簡単な操作でTalkbac機能の解除と開始ができればいい。

解除がとくに面倒くさい。

 

 

デメリットはあるが、それを上回るほど便利で秀逸すぎる。

だから、ぜひ使ってほしい。

 

 

↓ 漫画などはKindleペーパホワイトを使用しています。目が疲れないので便利です。 

 

※追記

 

現在私のスマホ、アップデートしたところ、通し読みができなくなりました

NEXUS5です。2台持っています。

 

しかし、一台はあることをしたら直りました。

 

①スマホをセーフモードで起動する。

②設定画面からアプリを選択

③アプリのリセットをする 

 

これで一台直りました。

 

もう一台は直りませんでした。

 

googleに問い合わせしたら、この方法を教わりました。

 

KINDLEに問い合わせをしたら、TALKBAKのアプリの問題だろうとのこと。

 

ご参考になれば。

 

以上です

 

イイネと思ったらポチしてください(*^^*)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ
にほんブログ村

 

wakuwakusetuyaku.hatenadiary.jp

 

wakuwakusetuyaku.hatenadiary.jp