読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマリストのび太の無印良品大好きブログ

「ミニマリズム」「無印良品」「低コストの生活」を、『楽しく』『分かりやすく』をモットーにするブログ

スポンサーリンク


よく噛んで食べることのメリットを考えてみる。現代人は食べ過ぎ。ダイエット効果もある。

ミニマリズム

ご飯をウマウマする男性

 

よく噛んで食べることのメリットを考えていきます。

 

よく噛んで食べることのメリットはたくさんあると感じています。

 

もう、早食いって。思考の癖なんですよね。意識しないとできない。

 

ただ意識すると簡単にできるようになる。

 

よく噛めない。つまりゆっくり食べられない。この問題も環境を整えればできると思うんです。

 

つまり、「よく噛まざる負えない状況にする」ということなんです。

 

 

現代人は食べ過ぎです。だから少しずつ太っていく。意識して食べる量を減らしていかなければならない。

 

人間、暇だと「食べる」行動をしてしまう。このことも意識しておきたい。

 

 

よく噛んで食べるメリットは・・・・・・・?

①よく噛むことで、満腹になりやすい為ダイエットになる

②食べ物を味わうことができる

③食べ過ぎによる体への負担が減らせる

④食費が減らせる

 

 

よく噛んで食べるにはどうすればいい?(7つの挑戦)

 

①左手で食べてみる(利き手じゃないほうということ)

ご飯全部を左手で食べるのはきついかもしれないので、最初の5口だけでも左手を使ってたべることをしてみる。

食べるのが遅くなるので、必然的にゆっくりになり、食べる量が減る。

 

②食べる前によく噛むことを意識する。

 最初の一口だけでいいから、よくかむことを意識しようと思うだけでいい。全部やろうとするから続かない。始めの一口だけと思うだけで、意識できるようになる。

 

③目を閉じて食べる

よく噛んで味わって食べるには、目を閉じて食べることだ。テレビがついていればテレビを見ながら食べてしまう。

 

テレビがなければボーっと壁ぎわを見て食べてしまう。そのとき、あなたは考え事をしている。そうすると意識が別のほうへ飛んでしまう。

 

それを防ぐために、目を閉じて食べる。目の前が真っ暗だと、食べ物に集中せざる負えない。

 

④なるべくテレビを消す

家族がTVみているとなかなかできないと思う。その場合はTVが背面になるところに座るとか工夫するといい。ながら食べは満腹中枢が満腹という信号をなかなかださないと思われる。

 

⑤メリットを考える

メリットがあれば、「よく噛む」ということを、やるようになる。

 

メリット 

①よく噛むことで、満腹になりやすい為ダイエットになる

②食べ物を味わうことができる

③食べ過ぎによる体への負担が減らせる

④食費が減らせる

 

 

 

ぼくは、仕事がある日の昼食はまずたくさん食べるということをしない。なぜなら、眠くなるからである。眠くならなければ、その分作業効率があがる。

 

⑥カレーなどスプーンで食べるものは、スプーンを小さいものにする

 

早く食べたい人は、往々にして大きいスプーンを使いたがる。ぼくもそうである。

 

大きいスプーンはやめて、小さいスプーンを使い、嫌でも一回分を少量になるようにしてしまえばいい。

 

そうすれば、食べるのに時間がかかる。それだけ、少量で満腹になりやすい。

 

⑦かむ回数を決める。

かむ回数30回とか意識すると、不思議なほどかむようになる。

 

 

 

これ、すべてをやろうとしてはいけない。

まずは、気に入った一つだけ試してみる。

すべてやろうと思わない。

必ず一つずつ。

ゆっくり。

これが続けるコツ。