読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマリストのび太の無印良品大好きブログ

「ミニマリズム」「無印良品」「低コストの生活」を、『楽しく』『分かりやすく』をモットーにするブログ。会社に依存しない。好きなことをブログに書いて収入源にすることの大切さもお伝えしている。

スポンサーリンク


 

無印良品 カテゴリーの記事一覧

 

「自分が今どう感じているのかを知る」ことが大事(石原加受子さんの本からの学び)

四葉のクローバーと手


「自分が今どう感じているのか」を「随時意識する」ことが大事だと感じています。

日々に忙殺され、「感じる」ということをしていないことも多いのではないでしょうか?今回のブログは、そんな五感を使って「感じる」ことの大切さを、お伝えできたらと思っています。

 

幸せは感じるもの

ぼくは、自分中心心理学の石原加受子さんの本であるフレーズがありました。 

「幸せは与えられるものでなく、感じるもの」 

この文章にぼくは、感動しました。

感じようとして初めて、幸せを感じることができるのだと。

 

そんなぁ、幸せを感じるなんて・・・とおもわれたでしょうか??すこし、日々の感謝できる部分に目を向けてみる。それはたぶん、日々の「あたりまえ」のことのなかにあるようです。

 

「ごはんがおいしい」

「この人と一緒にいれるだけで幸せ」

「甥っ子と一緒にいられて幸せ」

「この音楽に癒された」

 

人とのつながりにおいて、幸せを感じることが多いのではないでしょうか。

 

ぼくなんか甥っ子と一緒に出かけたりしたときに、「こんなかわいい甥っ子と一緒にいられて幸せ」とか感じたりします。

 

いつも一緒にいる人はあたりまえすぎて、感謝がなくなってしまう。日々のあたりまえになっているもの目をむけて、感じてみませんか?

 

なかなかむずかしいんですよね。そんな当たり前のことに感謝するのって。当たり前すぎて。

 

人は無意識に、なにかを行動したり、なにかを考えています。

 

無意識で行っていることにあえて意識を向けてみる。

 

それを、意識していくと「生きている実感」が感じられるんです。

 

  • 例えば、自分は今何を考えているのかに意識を向けてみる。
  • 例えば、今自分がどういう感情を抱いているかを感じてみる。
  • 例えば、息を吸って、深呼吸の気持ちよさを感じてみる。
  • 例えば、いまあなたが触っている物の感触を味わってみる。
  • 例えば、今あなたが食べているものの食感を意識してみる。
  • 例えば、今自分は疲れているんだなと気づいてみる。

 

これをしてみるだけで、なんか落ち着くんです。自分をコントロールできているという実感を感じられる。

 

自分の声に気づいてあげられている。そして、そんな自分の声を感じて、答えてあげる。そうすることが、自分を愛してあげているということなのです。

 

仕事の「人間関係」で感じること大切さ

 

例えば、職場などで僕は、

「いまこの上司のこの発言にイライラしたんだな」と感じる。

 

それを感じられるだけでも、だいぶ違う。

 

不思議とイライラが制御される。

 

それを感じることができないと、

 

上司にもっと不快な態度をとり、関係を悪化させてしまうかもしれない。

 

自分が

 

「上司の、何が原因で不快になっているのか明確にしておく。」

 

そうしておくことで、次同じことが起きた時に対処できるかもしれない。

 

「 いま自分の胸が苦しいのはなんでなんだろう?」

 

「ああ、同僚の言葉に傷ついたのだ。」

 

と気づくだけでもだいぶ違います。

 

そこで、同僚になにか言い返すとかそういうことではありません。

 

まずは気づくだけでいいのです。

 

すこし、時間をおいてみる。

 

冷静になってみる。

 

そして、同僚にそのことに関して言いたいことがあれば、関係を悪くならないような言い方で伝える。

 

そのときのコツは、

「私はあなたの行動に対して、○○に感じたから、~してほしい」というような、

 

「私は」からいい始めることです。

 

そうすると、相手を攻めずに自分の気持ちを伝えることができます。

 

「あなたは~」からはじめてしまうと、相手を責める言い方になってしまう。

 

まあ、こういう言い方をするのって難しいんですよね。

 

なかなか気恥ずかしい言い方だし、意識しないとできない。

 

これは自分中心心理学の石原加受子さんの基本的な考えです。

 

また石原加受子さんの本に関しては、かなり学ばせてもらったので、ブログにも書いていきたいです。

 

下記の本は、口下手なぼくに勇気を与えてくれた本です。

 

 

www.muji-nobita.com