ミニマリストのび太の無印良品大好きブログ

すべてを無印良品へ。ミニマリストなMUJIマスター。

近藤麻理恵さん(こんまりさん)の本で人生変えたミニマリスト

https://www.pakutaso.com/assets_c/2015/05/PPW_tatamitowasitu-thumb-autox1000-13277.jpg



今回は、わたしのシンプルライフについて、お伝えします。


わたしのシンプルライフの目覚めは

「近藤麻理恵さん」

こんまりさん。
そう、呼ばれていますね。


こんまりさんの著書

「ときめく片付けの魔法」

を読みおわったときの感覚

「この本すげー」でした。


なぜ、すげーと感じたのか?

効果がすぐに実感できたからです。

「ものが少なくなると、こんなにもすっきりするんだ!」

と感じたんです。



そのあとは断捨離にはまり…。

ミニマリストと名乗り…

というような感じです。

不本意ですが、ブームに乗ってしまいました。

ええ、不本意です


こんまりさんの本。
基本的には、

ときめくものを残していこう!

という内容です。

自分のまわりの物が全部好きな物で囲まれたら素敵ですね。

愛着をもってモノに接していきたい。


こんまりさんの本は、手放しました。

また読みたいから購入…。

そして、また売りました(笑)

手放しても、ほしいものはすぐに手にはいる時代。

だからできること…。


物がすくなるなることで、気分がおだやかになるのが感じられたのが、大きな収穫でした。

「物」をもっていることのノイズが消えた。
すっきりした。

「所有している」ということだけで、潜在的なノイズになる。


ものが少なくなると、目にはいる「もの」が少なくなる。

だから、落ち着く。

この効果を実感してからは、断捨離にはまってしまった。


ものが増えると落ち着かなくなるんですね。

でも、モノって、すこしずつ増えていきます。

それが本当に必要なのか?

買うとき、事前の調べは念入りに行います。
そうしないと、モノは増える一方です!

自分への戒めとしては、


値段は高くてもいい。
自分の本当に気に入ったモノを買う。
そして、長く使う。

これを意識していきたい。



ただ、例外は本。
本は処分がしやすい。
Amazonなどで気軽に購入してしましまいます。


最近は本屋で事前に読む。
本当に気に入ったものを買う。
そういう、こころがけをしています。

本屋では、自分とはかけ離れた分野などにも、手を伸ばすように意識していきたいです。

意識的にそういうことをしていかないと、新しいことができない人間になってしまいます。

おなじ考えに固執してしまうという、悪しき習慣が生まれてしまいます。

怖くても少しずつ変えていく。
これが大事ですね。