読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマリストのび太の無印良品大好きブログ

「ミニマリズム」「無印良品」「低コストの生活」を、『楽しく』『分かりやすく』をモットーにするブログ

スポンサーリンク


シンプルな暮らしの僕の考え方(近藤麻理恵さんの本に影響を受けて)

ミニマリズム

https://www.pakutaso.com/assets_c/2015/05/PPW_tatamitowasitu-thumb-autox1000-13277.jpg



ミニマムな暮らしに憧れることってあります。それは、僕の場合一時的にガッとはまる。そして熱がさめる、というような感じです。


最近その熱が復活してきております。今回は僕のシンプルライフ的な考え方をお伝えできればと思っています。


わたしのシンプルライフの目覚めは「近藤麻理恵さん」がきっかけでした。こんまりさん呼ばれています。


こんまりさんの著書「ときめく片付けの魔法」を読みおわったときの感覚は「この本すげー」でした。


なぜ、すげーと感じたかというと効果がすぐに実感できたからです。「ものが少なくなるとこんなにも、すっきりするんだ」と感じたんです。



そのあとは断捨離にはまり・・・。というような感じです。不本意ですが、ブームに乗ってしまいました。


こんまりさんの本は、基本的にはときめくものを残していこうという内容です。自分のまわりの物が全部好きな物で囲まれたら素敵ですね。愛着をもって使い古していきたい。


こんまりさんの本は一回手放しました。また読みたいから購入しました。そしてまた売りました。手放しても、ほしいものは、すぐに手にはいる時代です。


物がすくなるなることで、気分がおだやかになるのが感じられたのです。「物」をもっていることのノイズが消えたから、すっきりしたのです。「所有している」ということだけで、潜在的なノイズになるんですね。


ものが少なくなると、目にはいる「もの」が少なくなるので落ち着くのですね。この効果を実感してから、はまってしまいました。


はまるというか、ものが増えると落ち着かなくなるんですね。でも、物ってすこしずつ増えていきます。増えないように、それが本当に必要なのか、買うときも事前の調べは念入りに行います。


自分への戒めとしては、「値段は高くても、自分の本当に気に入ったものを長く使う」ということを意識していきたい。



ただ、例外は本です。本は処分もしやすいこともあり、Amazonなどで気軽に購入してしましまいます。



なので最近は本屋で事前に読んで、本当に気に入ったものを買うようにこころがけています。
本屋で、自分とはかけ離れた分野などにも、手を伸ばすよう意識していきたい。